日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2022.08.13

【2022年ドン・キホーテ杯全日本ビーチ選手権・特集】4年ぶりに開催された“真夏の祭典”、2028年ロサンゼルス・オリンピックへ向かうか

お知らせ
本協会Facebook page / instagramに、試合写真・ダイジェスト動画等が掲載されています。

 

 2005年に始まったドン・キホーテ杯全日本ビーチ選手権。東京オリンピックにからんで2019・20年は大会予定そのものが予定されておらず、昨年はコロナ禍のため中止となった“真夏の祭典”が8月11日、4年ぶりに開催された。

 参加は約175選手と、これまでより少なかったが、日本協会の富山英明会長は「青空の下でやるレスリングはいいね。コロナがあったけど、みんなの無事を確認できた、という感じ」と話し、太陽の下でやるレスリング大会の再開を歓迎。大洗町とドン・キホーテに多大のご支援を受けての開催であることに、深い感謝の意を示し、引き続きの支援を望んだ。

開会式であいさつする富山英明会長

 同会長は、1982年にインド・ニューデリーで行われたアジア大会のときに、野外のサッカー場で青空天井の試合を経験したことがあり、「外でやるのも気持ちいいよ」と思い出を振り返った。相手の選手の背後に壁や観客席がなくて空間となり、距離感がつかめないというか、感覚が違うという。「ビーチで勝ち抜くには、室内のレスリングとは違った強さが必要になるんじゃないかな」と話した。

 日本でビーチがストップしていた間、世界のレスリングに大きな動きがあった。世界レスリング連盟(UWW)のネナド・ラロビッチ会長がビーチをオリンピック種目にするべく奔走しており、2028年ロサンゼルス・オリンピックでの採用の可能性が出てきたこと。富山会長は開会式で選手に可能性を伝え、夢をもってビーチに取り組んでほしいことを訴えた。

 ラロビッチ会長は国際オリンピック委員会(IOC)の理事でもあり、IOC内で発言力もある。「自分の役目として、ビーチをオリンピックに入れる」と話していたという。今後は、“夏の楽しみ”から、“オリンピックを目指した大会”となる可能性もあり、富山会長は日本は出場していなかったビーチのワールドシリーズなどへの参加も視野に入れていきたいという。

 開会式では、日本協会の斎藤修審判委員長から、オリンピック入りを前提にルールの変更があったことが説明された。テークダウンを取ってゴービハインド(相手のバックに回る)は3点となり、それで試合が終了することなど新しいルールで実施された。2028年大会に採用されるとなれば、6年後となる。来年以降は、“楽しさ”を求めるだけの大会だけでなく、強化を目指した要素も取り入れながらの開催となるか。(撮影=保高幸子)


▲開催地、茨城県協会の田山東湖会長のあいさつ

▲4年ぶりの開催を歓迎する大洗町の國井豊町長

▲特別協賛の「ドン・キホーテ」からは、運営する「株式会社パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス」のコーポレートコミュニケーション本部 広報室社内広報課・伊藤靖責任者が出席してあいさつ

▲真夏の祭典の開催を待ち望んだ選手たち







JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

サイト内検索


【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
BIG、totoのご購入はこちら

SPORTS PHARMACIST

JADA HOMEPAGE

フェアプレイで日本を元気に