日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2023.04.12

3選手が優勝、吉元玲美那(KeePer技研)は2年連続優勝…2023年アジア選手権・第3日(女子)

お知らせ
本協会Facebook page / instagramに、試合写真等が順次掲載されています。

 

 【アスタナ(カザフスタン)】2023年アジア選手権第3日は4月11日、カザフスタン・アスタナで女子5階級が行われ、50kg級の吉元玲美那(KeePer技研)が2年連続優勝を達成。59kg級の坂野結衣(警視庁)と68kg級の石井亜海(育英大)がともに初優勝し、55kg級の片岡梨乃(早大)が銅メダルを獲得。76kg級の長島水城(大東大)は5位だった。

 吉元は1回戦で昨年の決勝の相手、ナムウンチェチェグ・チョグトチール(モンゴル)にテクニカルフォール勝ちして波に乗り、中国とインドの選手も撃破。決勝は昨年3位の3位のジャスミナ・インマエワ(ウズベキスタン)をフォールで破り、約1年ぶりの国際大会を制した。2021年のシニア世界選手権から3大会連続で国際大会を制覇。

 坂野は7選手参加のノルディック方式の予選リーグで、2021年優勝のサリタ(インド)らを相手に3戦全勝で通過。準決勝でカザフスタン選手を破り、決勝は予選リーグで闘ったジュオマラガ(中国)との再戦。5-1で破り、5試合を勝ち抜いた。カデット(現U17)とジュニア(現U20)でのアジア制覇はあるが、シニアのアジア選手権は初出場で初優勝。

 石井は初戦の2回戦で、昨年復帰した2010年アジア大会優勝などのイェレナ・シャリギナ(カザフスタン)にテクニカルフォール勝ち。準決勝で2021年世界選手権優勝のメーリム・ジュマナザロワ(キルギス)を6-1で破り、決勝は昨年の世界選手権5位のニシャ(インド)をフォールで下した。シニアのアジア選手権は初出場で優勝。

 片岡は準決勝で2021年東京オリンピック53kg級2位のパン・キアンユ(龐倩玉=中国)に敗れたが、3位決定戦で昨年57kg級4位のショヒダ・アフメドワ(ウズベキスタン)に勝った。2020年クリッパン女子国際大会(スウェーデン)に続く国際大会の優勝。

 長島は準決勝で昨年優勝のアイペリ・メデトキジ(キルギス)に2-3で黒星。3位決定戦で昨年のU20世界選手権2位のプリヤ(インド)に敗れた。

 各選手の成績は下記の通り。

▲2年連続優勝を達成した50kg級の吉元玲美那(KeePer技研)=撮影・保高幸子


女子

 【50kg級】吉元玲美那(KeePer技研)   優勝=11選手出場《トーナメント表》
決 勝 ○[フォール、2:50=7-0]Immaeva, Jasmina(ウズベキスタン)
準決勝 ○[フォール、2:43=8-0]Neelam(インド)
2回戦 ○[10-2]Feng, Ziqi(中国)
1回戦 ○[Tフォール、1:16=10-0]Tsogtochir, Namuuntsetseg(モンゴル)

---------------------------------------

 【55kg級】片岡梨乃(早大)   3位=8選手出場《トーナメント表》
3決戦 ○[10-4]Akhmedova, Shokhida(ウズベキスタン)
準決勝 ●[1-6]Pang, Qianyu(中国)
1回戦 ○[Tフォール、4:25=11-0]Kadyrbek Kyzy, Aruuke(キルギス)

---------------------------------------

 【59kg級】坂野結衣(警視庁)   優勝=7選手出場《トーナメント表》
決   勝 ○[5-1]Zhoumalaga(中国)
準 決 勝 ○[Tフォール、3:26=10-0]Kayumova, Diana(カザフスタン)
予選リーグ3回戦 ○[フォール、3:57=7-2]Khurelkhuu, Bolortuya(モンゴル)
予選リーグ2回戦 ○[6-1]Sarita(インド)
予選リーグ1回戦 ○[Tフォール、3:56=13-2]Zhoumalaga(中国)

---------------------------------------

 【68kg級】石井亜海(育英大)   優勝=10選手出場《トーナメント表》
決 勝 ○[フォール、5:37=10-0]Nisha, Nisha(インド)
準決勝 ○[6-2]Zhumanazarova, Meerim(キルギス)
2回戦 ○[Tフォール、4:48=10-0]Shalygina, Elena(カザフスタン)
1回戦  BYE

---------------------------------------

 【76kg級】長島水城(大東大)   5位=10選手出場《トーナメント表》
3決戦 ●[1-2]Priya(インド)
準決勝 ●[2-3]Medet Kyzy, Aiperi(キルギス)
2回戦 ○[4-3]Ganbat, Ariunjargal(モンゴル)
1回戦  BYE







2023年世界選手権/激戦の跡
JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

サイト内検索


【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
BIG、totoのご購入はこちら

SPORTS PHARMACIST

JADA HOMEPAGE

フェアプレイで日本を元気に