日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2023.07.03

【2023年世界選手権代表選考プレーオフ・特集】出場選手の声(男子グレコローマン)

お知らせ
本協会Facebook page / instagramに、試合写真等が順次掲載されます。

 

(2023年7月1日、東京・DOME TACHIKAWA TACHIHI)


 

 ■男子グレコローマン77kg級・日下尚(三恵海運=テクニカルフォール勝ち)「この試合に勝つべくして勝つようにやってきた。自分のやってきたことを信じてマットに立った。それが結果につながったと思うので、よかった。櫻庭選手とは4回目の対戦です。全日本選抜選手権で優勝してから2週間しかなかったけれど、過去、負けた試合を何度も見て、駄目だったところを洗い出して修正を目指した。あとは、自分の得意技と得意な攻撃パターンを確認し、気持ちを落とさずにやりました。

 先制点を取れて、自分のペースに持っていけました。勝因は、運、と言いたいですけど、自分の流れに持っていけたことだと思います。4年前は、非オリンピック階級でしたが、プレーオフで負けて世界選手権に出場できなかった。4年ごしで勝ち取った世界選手権出場の権利。優勝してパリ・オリンピックの出場枠を取りたい」

--------

 ■同・櫻庭功大(自衛隊)「何もできなかった試合でした。自分のいいところ、出そうとした技が何も出せなかった。どうしようもない試合だった、というのが率直な気持ちです。自分が弱いだけです。点を取られすぎとか、いろいろあって、細かいことは、今は整理できません。これだけの差がついたことを、しっかり反省し、12月にいい試合ができれば、と思います。その前にアジア大会に出る予定なので、気持ちを切り替えてしっかりやりたい。今のままなら初戦敗退なので、1から、いえ、0から強化してきたい」


 

 ■男子グレコローマン87kg級・角雅人(自衛隊=同門対決に4-1で勝利)「この内容のままでは世界選手権では勝てない。悪いところを把握して、一生懸命に頑張ってやりたい。今回の試合では、グラウンドを返し切れなかったことと、パッシブを取り切れなかったことがよくない。ここをしっかり修正していきたい。食事はふだんから気を遣っていますが、プレーオフへ向けては、レスリングだけでなく、食生活を含めた私生活も“徹底”ということを意識してやってきました。自分なりに動けていたので、マットに上がるまではしっかりできていたと思います。

 世界選手権ではしっかりとメダルを取りたい。(国際大会では)アジア選手権で銀メダルを取ったことがあるので、それを超えたい。今のままでは駄目なので、しっかり練習して、ひと回り大きくなってマットに上がりたい」

--------

 ■同・阪部創(自衛隊)「やらなくていい、と言うか、よけいな投げがあった。なんで、そんな失敗したのか。グラウンド勝負になるだろう、という予想しはしていた。グラウンドでポイントをやらない、ということはできたが…。自分の攻撃で返し切れないところがあって、まだまだです。明治杯と同じで、スタンドの部分で課題がある。そこを修正しないと、上へ行けない。(角とは)同門で、同期の選手。毎日練習している。角選手には世界選手権で頑張ってほしけど、オリンピックはまだ終わっていない。前を向いて頑張りたい」


 

 ■男子グレコローマン67kg級・曽我部京太郎(日体大=大学の先輩に4-2で勝利)「前半で自分がグランド(の攻撃)を取るという気持ちで闘い、前に出た。そのチャンスにポイントを取るつもりで、一回返せた。(相手の)リフトを4点ではなく1点で押さえられたのもよかった。明治杯のときは、最後守ろうという弱い気持ちが出て負けてしまった。今回は最後まで前に出続けることができた。

 自分が絶対に世界選手権に出る、という強い気持ちでこの試合を迎えました。遠くからこの試合のために応援に来てくれた人もいて、いい報告ができます。東京オリンピックのあと、パリ・オリンピックは自分だ、という気持ちをずっと持っていた。その気持ちを出し切れたプレーオフでした。世界選手権では金メダルを取って、オリンピックの出場枠を取りたい」

--------

 ■同・遠藤功章(東和エンジニアリング)「負けました。それだけです。第1ピリオドでグラウンドの攻撃を取りたかったけれど、(できずに)よくなかった。第2ピリオドで攻撃のチャンスがあったのに、攻め切れない決定力の弱さがあった。スタンドで後手に回ってしまい、グラウンドでも返されてしまって、逆に返すことができなかった。

 京太郎とは練習拠点が同じで、お互いに手の内も知っている。そういう選手に対してもポイントを取れなければ、世界選手権へ行っても取れないと思う。負けるべくして、負けたのだと思います。負けるつもりはなかったけど、気持ちは相手の方が上だったのかもしれない。京太郎がオリンピック出場枠を取れなかったときは、12月は絶対に勝つ」


 

 ■男子グレコローマン60kg級・文田健一郎(ミキハウス=負傷明けの試合に3-1の勝利)「明治杯前に、今までならありえないようなけがをし、無茶できる年じゃないことを実感した。トレーナー、監督、コーチから『けがをして得るものがある』と言われ、けがをしなければ得られないことを手に入れようと、もがいた1ヶ月ちょっとでした。得られた一番のことは、けがの中でどう自分のパフォーマンスを伸ばせるか、でした。水泳を取り入れたり、レスリング以外でのコンディションづくりとかを学びました。

 完璧ではない状況で試合をするのは、今回が一番ひどい状況でした。その中で取るべきことを取る、取らせないところで取らせない、ができたのは、けがをしてこそ得られたことだと思います。オリンピックにもう一度出たい、金メダルを取りたい、と言う気持ちと、日体大の同期が明治杯でいい成績を挙げたのとがモチベーションでした。パリ・オリンピックでは金メダルしか見えていないです」

--------

 ■同・河名真偉斗(自衛隊)「明治杯で優勝してから2週間、絶対に自分が世界選手権へ行く、という思いで練習してきた。今日の試合内容は悪くはなかったと思うけれど、やはり文田選手が一枚上手だったと思います。自分の得意な展開をつくらせてもらえなかった。文田選手は、自分が小学校、中学校のときから世界で闘っている選手。ここで勝って、壁を越えたいと思って練習してきましたが、実力不足でした。世界選手権のプレーオフという場で、自分の中で特別な緊張はなく、いつも通りでしたが、文田さんの方が場慣れしていて、試合展開をうまくつくったと思います。オリンピックが完全になくなったわけではない。12月の全日本選手権へ向けて練習していきたい」







《特別サイト》2023年世界選手権
JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

サイト内検索


【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
BIG、totoのご購入はこちら

SPORTS PHARMACIST

JADA HOMEPAGE

フェアプレイで日本を元気に