日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2023.11.29

【記録】勝目結羽(NEXUS YOKOSUKA)は女子初の東京都知事賞の受賞者

 

 2023年東京都知事杯全国中学選抜U15選手権の東京都知事杯は、女子46kg級の勝目結羽(神奈川・NEXUS YOKOSUKA)が受賞した。女子が東京都知事賞を受賞したのは、14回目(注=2020年大会は中止で、実質13回目。以前は「全国中学選抜選手権」)で初。

 リザルト(大会記録)には、東京都知事杯と大会会長賞が、ともに「最優秀選手」となっており、これまでは「東京都知事杯が男子の最優秀選手、大会会長賞が女子の最優秀選手」との流れがあった。今回の結果について、主催の東京都協会によると、「東京都知事杯=最優秀選手、大会会長賞=優秀選手」の位置づけで、時代の潮流として男女の区分けはなし。それが明確化され、最初の都知事杯の女子受賞者が勝目となった。

▲女子で初めて東京都知事杯を受賞した勝目結羽

 第1回大会の女子の参加選手数は「63選手」で、最多の階級は「12選手」。今大会は「165選手」の参加で、最多の階級は「29選手」(54kg級)。優勝まで4~5試合勝たなければならない階級もあり、優勝の難易度は男子に近づいている。今後は女子の都知事杯受賞が増えそう。

 ちなみに、2000年に男女同時開催となった天皇杯全日本選手権で、女子最初の天皇杯受賞者は2001年の山本聖子(56kg級)。最近10年間では、5人が女子選手となっている(男子フリースタイル3選手、男子グレコローマン2選手)。

 歴代の東京都知事杯と大会会長賞は下記の通り。

東京都知事杯 大会会長賞
2023年 勝目結羽
(女子46kg級=神奈川・NEXUS YOKOSUKA)
小林賢弥
(男子75kg級=大阪・大体大浪商中)
2022年 本多正虎
(男子52kg級=神奈川・NEXUS YOKOSUKA)
野口紗英
(女子58kg級=北海道・オビヒロクラブ)
2021年 三浦修矢
(男子75kg級=佐賀・鳥栖クラブ)
松田幸々
(女子46kg級=京都・網野町少年教室)
2020年 (新型コロナウィルスまん延のため中止)
2019年 西内悠人
(男子52kg級=高知・高知クラブ)
山下叶夢
(女子50kg級=香川・高松北中)
2018年 髙橋海大
(男子57kg級=JOCエリートアカデミー)
藤波朱理
(女子54kg級、三重・いなべクラブ)
2017年 鈴木大樹
(男子66kg級=神奈川・・東海ジュニア)
伊藤 海
(女子44kg級=京都・網野町少年教室)
2016年 山田 脩
(男子73kg級=愛知・ゼントータル)
櫻井つぐみ
(女子44kg級、高知・高知クラブ)
2015年 森川海舟
(男子47kg級=東京・AACC)
田村生吹
(女子48kg級=京都・網野町少年教室)
2014年 基山仁太郎
(男子59kg級=三重・四日市ジュニア)
南條早映
(女子52kg級=JOCエリートアカデミー)
2013年 梅林太朗
(男子66kg級=JOCエリートアカデミー)
奥野春菜
(女子52kg級=三重・一志ジュニア)
2012年 吉村拓海
(男子53kg級=埼玉・埼玉栄中)
加賀田葵夏
(女子48kg級=東京・ゴールドキッズ)
2011年 藤波勇飛
(男子53kg級=三重・いなべクラブ)
向田真優
(女子52kg級=JOCエリートアカデミー)
2010年 水野真斗
(男子73kg級=京都・網野少年教室)
花田彩乃
(女子57kg級=JOCエリートアカデミー)






2023年世界選手権/激戦の跡
JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

サイト内検索


【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
BIG、totoのご購入はこちら

SPORTS PHARMACIST

JADA HOMEPAGE

フェアプレイで日本を元気に