日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2023.12.11

周南公立大が3位タイとなる5季連続優勝を達成…2023年西日本学生秋季リーグ戦・最終日

本協会Facebook page / instagramに、試合写真等が順次掲載されます。

 

 2023年西日本学生秋季リーグ戦は12月9~10日、大阪・堺市金岡公園体育館で行われ、一部リーグ決勝は周南公立大近大を4-3で破り、5季連続23度目の優勝を遂げた。5季連続は、1964年春季~1969年秋季を制した関大の「12季連続」、2001年秋季~2005年秋季を制した立命館大の「9季連続」に続く3位タイとなる連覇記録。

 周南公立大は、予選A組を3戦全勝で通過。決勝は4季連続で近大との対戦となり、開始から2連勝。第3試合を落としたものの、続く74kg級で西村将希が白星。125kg級を落としたものの、65kg級で小石原央義主将が勝ち、チームの勝利を決めた。

 3位決定戦は立命館大日本文理大を5-2で破った。同大学が3位入賞を果たすのは2017年秋季以来、10季ぶり(コロナによる中止を除く)。

 二部リーグは、前回まで3季連続で2位だった帝塚山大が、最終戦で関大との全勝対決にも勝って6戦全勝をマーク。2019年秋季以来3度目の優勝を達成し、一部昇格を決めた。3位は同志社大。

 各試合結果は下記の通り。

▲5季連続で周南公立大・守田泰弘監督の体が宙に舞った


順位表・個人賞 一部リーグ・内訳成績 一部リーグ星取表
二部リーグ・内訳成績 二部リーグ星取表

《個人賞》
【八田杯(一部最優秀選手)】森東大樹(周南公立大)、【小田原杯(二部最優秀選手)】升田康太(帝塚山大)、
【松井杯(一部敢闘賞)】河村政栄(近大)、【井川杯(二部敢闘賞)】小林風斗(関大)
【岩野杯(年間功労賞)】荒木瑞生(九州共立大)、【ゴールデンホイッスル賞】下地智也(福岡大)


一部リーグ

 【順位決定戦】

 ▼決勝
周南公立大○[4-3]●近大

 ▼3位決定戦
立命館大○[5-2]●日本文理大

 ▼5・6位決定戦
福岡大○[4-3]●大体大

 ▼7・8位決定戦
九州共立大○[6-1]●中京学院大

-----------------------

 【予選Aリーグ】

 ▼3回戦
周南公立大○[5-2]●立命館大、福岡大○[4-3]●九州共立大

《予選順位》[1]周南公立大 3勝、[2]立命館大 2勝1敗、[3]福岡大 1勝2敗、[4]九州共立大 3敗

-----------------------

 【予選Bリーグ】

 ▼3回戦
近大○[4-3]●日本文理大、大体大○[4-3]●中京学院大

《予選順位》[1]近大 3勝、[2]日本文理大 2勝1敗、[3]大体大 1勝2敗、[4]中京学院大 3敗


二部リーグ

 ▼5回戦(続き)
帝塚山大○[6-1]●南九州大、関学大=BYE

 ▼6回戦
関大○[5-2]●同志社大、天理大○[4-3]●桃山学院大
関学大○[4-3]●南九州大、帝塚山大=BYE

 ▼7回戦
同志社大○[4-3]●天理大、帝塚山大○[4-3]●関大
桃山学院大○[5-2]●関学大、天理大=BYE

《最終順位》[1]帝塚山大 6勝、[2]関大 5勝1敗、[3]同志社大 4勝2敗、[4]天理大 3勝3敗、[5]桃山学院大 2勝4敗、[6]関学大 1勝5敗、[7]南九州大 6敗







JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

サイト内検索


【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
BIG、totoのご購入はこちら

SPORTS PHARMACIST

JADA HOMEPAGE

フェアプレイで日本を元気に