日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト

2023年世界選手権代表/女子68kg級・石井亜海(いしい・あみ)

 


《JWFデータベース》 《UWWデータベース》 《国際大会成績》

【生年月日(年齢)/出身地】2002年12月11日(20歳)/群馬県

【出身クラブ/出身校】群馬・おおたアカデミー出身/東京・安部学院高卒

【所属】育英大

【身長】165cm

【過去の世界選手権出場】2022年=2位(68kg級)

【主な成績】
 群馬・おおたアカデミー時代に全国少年少女選手権3度優勝、2017年全国中学選抜選手権優勝などを経て、東京・安部学院高時代の2018年にインターハイ1年生チャンピオンへ。翌2019年はジュニアクイーンズカップ・カデット(現U17)65kg級を制し、アジア・カデット選手権で優勝。年末の全日本選手権62kg級で初出場初優勝を達成した。「17歳0ヶ月10日」の全日本チャンピオンは、現在のルール下では最年少。JOCエリートアカデミー所属ではない安部学院高の選手が全日本チャンピオン輝いたのは初めて。

 2020年全日本選手権は4位に終わったが、2021年はジュニアクイーンズカップ・ジュニア(現U20)65kg級を制し、全日本学生選手権68kg級で1年生チャンピオンに輝いた。全日本選手権は2位。

 2022年はジュニアクイーンズカップU20-68kg級を制し、明治杯全日本選抜選手権とプレーオフでも勝って、U20とシニアの世界選手権代表権を獲得。8月のU20世界選手権を制したあと、シニアの世界選手権は2位だった。

 2022年全日本選手権は勝ったが、2023年明治杯全日本選抜選手権は3位。その後の森川美和とのプレーオフに勝ち、2年連続の世界選手権出場を決めた。

 

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

サイト内検索


【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
BIG、totoのご購入はこちら

SPORTS PHARMACIST

JADA HOMEPAGE

フェアプレイで日本を元気に