日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2024.01.13

日下尚(三恵海運)が2022年82kg級世界王者を破って銅メダル…2024年ザグレブ・オープン第3日

 

 世界レスリング連盟(UWW)の2024年ランキング大会第1戦「ザグレブ・オープン」は1月12日、女子と男子グレコローマンが行われ、男子グレコローマン77kg級の日下尚(三恵海運)が銅メダルを獲得。女子62kg級の元木咲良(育英大)は負傷のため3位決定戦を棄権し、5位に終わった。

 日下は初戦でブルガリア選手に8-7で勝ったあと、2試合をテクニカルスペリオリティで勝利。4回戦で2022年世界選手権2位のゾルタン・レバイ(ハンガリー)に敗れたものの、敗者復活戦で昨年の世界選手権72kg級2位のロバート・フリッチュ(ハンガリー)を撃破。

 3位決定戦では、2022年世界選手権82kg級優勝のブルハン・アクブダク(トルコ)を相手に、ラスト1分で4-7とリードを許していたものの、6-7と追い上げ、ラスト10秒に胴タックルを決めて8-7と逆転。昨年のドイツ・グランプリ(2位)、世界選手権(3位)に続き、3大会連続で国際大会のメダルを獲得した。

▲一昨年の82kg級世界王者を破って銅メダルの日下尚=UWWサイトより

 元木は1回戦からの3試合を順調に勝ち上がり、準決勝で昨年の世界選手権決勝の相手、アイスルー・チニベコワ(キルギス)と対戦。3-0とリードして試合を進めたものの、ラスト30秒を切ったあとタックルを受けてしまい、アクティビティタイムの1失点とともに3-3へ。ラストポイントによって敗れた。3位決定戦は負傷のため棄権した。

 各選手の成績は下記の通り。


※VSU=テクニカルスペリオリティ

女子

 【62kg級】元木咲良(育英大)   5位=27選手出場《トーナメント表》
3決戦 ●[不戦敗=負傷]Kasabieva, Alina(AIN=ロシア)
準決勝 ●[3-3]Tynybekova, Aisuluu A(キルギス)
3回戦 ○[5-2]Koliadenko, Irina(ウクライナ)
2回戦 ○[11-2]Lili, Lili(中国)
1回戦 ○[フォール、1:56=8-0]Elekes, Enikoe(ハンガリー)


男子グレコローマン

 【77kg級】日下尚(三恵海運)   3位=43選手出場《トーナメント表》
3決戦 ○[8-7]Akbudak, Burhan(トルコ)
敗復戦 ○[5-1]Fritsch, Robert Attila(ハンガリー)
4回戦 ●[VSU、1:52=1-9]Levai, Zoltan(ハンガリー)
3回戦 ○[VSU、2:51=11-0]Ghanem, Ibrahim(フランス) 
2回戦 ○[VSU、4:13=11-0]Sarkkinen, Jonni Kunnari (フィンランド)
1回戦 ○[8-7]Kubatov, Stoyan Stoychev(ブルガリア)

▲3大会連続で国際大会の表彰台に登った日下尚=UWWサイトより

▲世界チャンピオン相手に優勢に試合を進めた元木咲良だが、最後に逆転負け=UWWサイトより







JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

サイト内検索


【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
BIG、totoのご購入はこちら

SPORTS PHARMACIST

JADA HOMEPAGE

フェアプレイで日本を元気に