日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2024.01.22

U15・20アジア選手権の開催地が「サウジアラビア・リヤド」に変更、女子実施が実現するか

 

 7月6日(土)~14日(日)にヨルダン・アンマンで予定されていた今年のU15・20アジア選手権が、「サウジアラビア・リヤド」に変更され、世界レスリング連盟(UWW)のカレンダーに掲載された。期日は7月16日(火)~24日(水)。

▲U15・20アジア選手権が行われるサウジアラビア。いよいよ女子レスリング選手へ門戸開放か

 同国は2022年にU23とU17のアジア選手権の候補地となっていた(関連記事=最終的にキルギスで実施)。宗教上の理由により、長年にわたって女性の活動(スポーツ活動・観戦を含む)に厳しい制限をかけてきた国で、2012年ロンドン・オリンピックでは、国際オリンピック委員会(IOC)の憲章に違反するとして出場が認められない可能性もあった。

 最近では女性スポーツに門戸を開けており、2022年1月には世界レスリング連盟(UWW)の女子コーチ・クリニックが行われた(関連記事)。しかし、女性が公の場に出るときには顔をブルカやスカーフなどで覆い、肌の露出を禁止する習慣は残っている。世界最大のプロレス団体WWEが大会を開催し、女子の試合をやったときは、顔は普通に出していたが、手首まで隠すTシャツと足首まで隠すスパッツを着用してファイトしていた。

 サウジアラビアでU23・17アジア選手権が開催ができなかったのは、女子を開催できないから、と推測されたが、理由は明らかにされなかった。昨年10月には、ワールド・コンバット・ゲームズが行われ、グラップリング女子で平林るい(SKアカデミー)が優勝しているものの、道着を着用する「Gi」だった。

 道着なしの「No-Gi」も実施され、半袖やファイトパンツ(脚を露出)姿について規制はなく、サンボ女子も脚を露出するショートパンツ(ショーツ)だったというが、オリンピック・レスリングはグレコローマンのみ実施。女子は実施されなかった。

 男子両スタイルとともに女子が実施されれば、世界の女子レスリングに画期的な出来事となる。なお、同国は2034年アジア大会の開催国に決まっており、「女子レスリングはできない」という状況ではなくなっている。

▲サウジアラビアで行われた昨年10月のワールド・コンバット・ゲームズで、日本女子レスリング選手として初めて躍動した平林るい(SKアカデミー)。同国でオリンピック・スタイルの女子選手の活躍が見られるか=撮影:鎌賀秀夫







JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

サイト内検索


【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
BIG、totoのご購入はこちら

SPORTS PHARMACIST

JADA HOMEPAGE

フェアプレイで日本を元気に