日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2024.02.06

【パリまであと半年・特集】アジア予選に挑む階級・展望(男子フリースタイル97kg級)

 

 史上初めて3年の間隔で開催される2024年パリ・オリンピックまで、2月5日であと半年となった(レスリング競技の場合)。昨年9月の世界選手権(セルビア)で各階級5選手の出場枠が埋まり、この春、大陸選手権(2月末~4月中旬)と世界最終予選(5月9~12日、トルコ・イスタンブール)で激しい争いが行われる。

 日本は、男子8階級で出場枠獲得を目指す。約2ヶ月半後に迫ったアジア予選(4月19~21日、キルギス)の勢力分布を探った。


男子フリースタイル97kg級

《日本代表》吉田アラシ(日大)/《アジアの出場枠獲得国》バーレーン

 彗星のように飛び出して世界王者に輝いたアフメド・タジュディノフ(バーレーン)が出場枠を獲得した一方、2021年世界選手権3位のモジタバ・ゴレイジ(イラン)が残った。昨年のアジア大会でもタジュディノフに続いて2位。出場枠を目指す選手の中で一番手であることは間違いなく、吉田アラシ(日大)にとって最大のライバルとなるだろう。

 イランからは、東京オリンピック代表で2022年アジア選手権優勝のモハマド・ホセイン・モハマディアンが出てくる可能性もあり、イランが強敵であることは間違いない。

▲2021年世界選手権3位のモジタバ・ゴレイジ(イラン)=写真は2020年アジア選手権

 
 モンゴルは、昨年のアジア選手権92kg級3位でアジア大会97kg級3位のガンキュヤグ・ガンバータル(モンゴル)が、1月のモンゴル選手権のこの階級を制したので、出場が見込まれる。アジア選手権で吉田が破った相手だが、9-7のスコア。あなどれない相手であろう。

 カザフスタンは、この階級には実績を残した選手がいないものの、92kg級で世界選手権を制したリザベク・アイトムハが階級を上げて出場することが予想される。昨年のアジア選手権2位でアジア大会3位のハビラ・アウサイマン(中国)、アジア選手権3位のマフスド・ベイサロフ(ウズベキスタン)らが、どこまでやるか。

 97kg級の国際大会は初挑戦となる吉田は、イラン以外にも強敵は多い。


2023年アジア大会

[1]Tazhudinov, Akhmed(バーレーン)
[2]Goleij, Mojtaba Mohammadshafie (イラン)
[3]Ganbaatar, Gankhuyag(モンゴル)
[3]Habila, Awusayiman(中国)
[5]Yergali, Alisher(カザフスタン)
[5]Seo, Jung-Wan(韓国)


2023年アジア選手権

[1]Tazhudinov, Akhmed(バーレーン)
[2]Habila, Awusayiman(中国)
[3]Veysalov, Makhsud(ウズベキスタン)
[3]Goleij, Mojtaba Mohammadshafie(イラン)
[5]Urkimbay, Bekzat (カザフスタン)
[5]Deepak, Deepak(インド)


2022年アジア選手権

[1]Mohammadian, Mohammadhossein (イラン)
[2]Ulzisaikhan, Batsul(モンゴル)
[3]Kadian, Satyawart(インド)
[3]Ibragimov, Mamed(カザフスタン)
[5]Rakhimov, Muhammadrasul(ウズベキスタン)
[5]Saparov, Zyamuhammed(トルクメニスタン)







JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

サイト内検索


【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
BIG、totoのご購入はこちら

SPORTS PHARMACIST

JADA HOMEPAGE

フェアプレイで日本を元気に