日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2024.02.10

72kg級世界V2のアミト・エロルは68kg級で出場…パンアメリカン予選・米国代表

 

 パリ・オリンピック・パンアメリカン予選(2月28日~3月1日、メキシコ・アカプルコ)の米国の代表選考会が2月3日、デンバーで行われ、注目されていた女子68kg級は、72kg級で2年連続世界選手権を制したアミト・エロルが代表となった。

 同選手は2004年1月1日、ロシア人の母との間に生まれ、現在20歳。2021年に世界カデット(現U17)選手権と世界ジュニア(現U20)選手権を制したあと、2022年世界選手権72kg級を「18歳9ヶ月」で制覇。これは男女を通じた米国の最年少世界チャンピオン。昨年の世界選手権も同級で優勝し、下記の快挙を達成。

・10代で2度のシニア世界チャンピオン
・2年連続で同一年のU20・U23・シニアの世界選手権制覇
・10代にして4世代の世界選手権制覇
・4世代で8度の世界一

▲米国屈指の天才女子レスラーのアミト・エロル。68kg級でパリ・オリンピック出場を目指す=2023年世界選手権

 パリ・オリンピックに出場して優勝すれば、須﨑優衣(キッツ)に続くグランドスラム(オリンピック+4世代の世界一)達成となる。UWWによると、国際大会の成績は、2019年世界カデット選手権で中井ほのかに敗れただけの38勝1敗。昨年のU23世界選手権を制したあと、68kg級でのパリ挑戦を明らかにしていた。

 今回の選考会では、1回戦で2022年世界選手権65kg級3位のマロリー・ウェルテを8-0で破ったあと、昨年の世界選手権68kg級5位のエンマ・ブランティルの負傷棄権で代表に選ばれた。

 米国は、昨年の世界選手権で男子フリースタイル4階級、女子3階級の計7階級でオリンピックの出場枠を獲得済み。男女11階級で出場枠を目指す。パンアメリカン予選の米国代表は下記の通り。


男子フリースタイル

▼57kg級 Richards, Zane=2023年パンアメリカン大会優勝
▼65kg級 Lee, Nicholas Boone=2023年世界選手権7位


女子

▼53kg級 Parrish, Dominique=2022年世界選手権優勝
▼62kg級 Miracle, Kayla-Colleen=2022年世界選手権2位
▼68kg級 Elor, Amit=2022・23年世界選手権72kg級優勝


男子グレコローマン

▼60kg級 Hafizov, Ildar=2023年パンアメリカン大会優勝
▼67kg級 Sancho, Alejandro=2023年世界選手権出場
▼77kg級 Bey, Kamal Ameer=2023年パンアメリカン大会優勝
▼87kg級 Woods, Spencer=2023年世界選手権出場
▼97kg級 Vera, Alan=2019年ビル・ファーレル国際大会優勝
▼130kg級 Schultz, Cohlton Michael=2023年パンアメリカン大会2位







2023年世界選手権/激戦の跡
JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

サイト内検索


【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
BIG、totoのご購入はこちら

SPORTS PHARMACIST

JADA HOMEPAGE

フェアプレイで日本を元気に