日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2024.02.12

【パリまであと半年・特集】アジア予選に挑む階級・展望(男子グレコローマン97kg級)

 

 史上初めて3年の間隔で開催される2024年パリ・オリンピックまで、2月5日であと半年となった(レスリング競技の場合)。昨年9月の世界選手権(セルビア)で各階級5選手の出場枠が埋まり、この春、大陸選手権(2月末~4月中旬)と世界最終予選(5月9~12日、トルコ・イスタンブール)で激しい争いが行われる。

 日本は、男子8階級で出場枠獲得を目指す。約2ヶ月半後に迫ったアジア予選(4月19~21日、キルギス)の勢力分布を探った。


男子グレコローマン97kg級

《日本代表》仲里優力(佐賀県スポーツ協会) /《アジアの出場枠獲得国》イラン

 イランが2度のアジア選手権とアジアの大会を連覇しており、2021年に世界一に輝いたモハマドハディ・サラビ(イラン)が順当に出場枠を獲得した。

 アジアの2枠を目指すのは、ウズベキスタンやキルギス、中国など。87kg級で2021年東京オリンピックに出場したルスタム・アッサカロフ(ウズベキスタン)は、その後97kg級へ上げ、2022年アジア選手権2位、2023年アジア大会3位。いずれもイラン選手に敗れた結果で(アジア大会は前述のサラビ)、イランが抜けている状況下では出場枠獲得候補の一番手と言えよう。

▲東京オリンピック87kg級に続くオリンピック出場を目指すルスタム・アッサカロフ(ウズベキスタン)=UWWサイトより

 アジア選手権で2022年3位、2023年2位のウズール・ジュズプベコフ(キルギス)は、いずれもイラン選手に敗れての成績。昨年のアジア大会は、サラビ(前述)とアッサカロフ(前述)に敗れて上位進出ならなかった。イランのいない闘いでは、アッサカロフに続く実力があると考えられる。

 カザフスタンや韓国は、だれが出てくるか読めない状況。ロ・イミン(李一鳴=中国)はアジア大会2位の選手だが、実績的にはアジアのトップとは言いがたい。U23世界選手権3位の実績で挑戦する仲里優力(佐賀県スポーツ協会)とともに、2強に挑むことになる。


2023年アジア大会

[1]Saravi, Mohammadhadi Abdollah(イラン)
[2]Li, Yiming(中国)
[3]Assakalov, Rustam(ウズベキスタン)
[3]鶴田峻大(日本)
[5]Umaev, Islam(カザフスタン)
[5]Lee, Se-Yeol(韓国)


2023年アジア選手権

[1]Balihamzehdeh, Mehdi Mohammad(イラン)
[2]Dzhuzupbekov, Uzur(キルギス)
[3]奈良勇太(日本)
[3]Syrlybai, Olzhas(カザフスタン)
[5]Cheema, Narinder(インド)
[5]Li, Yiming(中国)


2022年アジア選手権

[1]Balihamzehdeh, Mehdi Mohammad(イラン)
[2]Assakalov, Rustam(ウズベキスタン)
[3]Dzhuzupbekov, Uzur(キルギス)
[3]鶴田峻大(日本)
[5]Park, Je-Woo(韓国)
[5]Serikkan, Sanzhar(カザフスタン)







2023年世界選手権/激戦の跡
JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

サイト内検索


【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
BIG、totoのご購入はこちら

SPORTS PHARMACIST

JADA HOMEPAGE

フェアプレイで日本を元気に