日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2024.02.13

【パリまであと半年・特集】アジア予選に挑む階級・展望(男子グレコローマン130kg級)

 

 史上初めて3年の間隔で開催される2024年パリ・オリンピックまで、2月5日であと半年となった(レスリング競技の場合)。昨年9月の世界選手権(セルビア)で各階級5選手の出場枠が埋まり、この春、大陸選手権(2月末~4月中旬)と世界最終予選(5月9~12日、トルコ・イスタンブール)で激しい争いが行われる。

 日本は、男子8階級で出場枠獲得を目指す。約2ヶ月半後に迫ったアジア予選(4月19~21日、キルギス)の勢力分布を探った。


男子グレコローマン130kg級

《日本代表》奥村総太(自衛隊) /《アジアの出場枠獲得国》イラン、中国

 世界王者に輝いたアミン・ミラザデフ(イラン)と、世界選手権5位のあとの特別試合に勝ったメン・リンジェ(孟令哲=中国)が出場枠を獲得した。

 アジア枠を目指す一番手は、2022年アジア選手権優勝のアリムハン・シズディコフ(カザフスタン)。昨年のアジア選手権はメン・リンジェ(前述)に敗れ、アジア大会はミラザデフ(前述)に敗れ、それぞれ3位。2選手がいない今度の予選では、勝ち抜く実力は十分。

▲勝ち抜く一番手と考えられるアリムハン・シズディコフ(カザフスタン)=UWWサイトより

 昨年のアジア大会3位のキム・ミンスク(金珉石=韓国)と同アジア選手権3位のロマン・キム(キルギス)は、アジアの大会ではコンスタントに上位に顔を出す選手。

 ウズベキスタンからは、2021年東京オリンピック7位で2022年世界選手権5位のムミンジョン・アブデュラエフか、2022年U20世界選手権3位のテムルベク・ナシモフのどちらかの出場が予想される。どちらであっても2枠にたどりつく可能性はある。

 奥村総太(自衛隊)が、どこまで粘れるか。


2023年アジア大会

[1]Mirzazadeh, Amin Mohammadzaman(イラン)
[2]Meng, Lingzhe(中国)
[3]Kim, Min-Seok(韓国)
[3]Syzdykov, Alimkhan(カザフスタン)
[5]Naveen, Naveen 2(インド)
[5]Kurraev, Aybekshazada(トルクメニスタン)


2023年アジア選手権

[1]Mirzazadeh, Amin Mohammadzaman(イラン)
[2]Meng, Lingzhe(中国)
[3]Syzdykov, Alimkhan(カザフスタン)
[3]Kim, Roman(キルギス)
[5]Nasimov, Temurbek(ウズベキスタン)
[5]Kim, Min-Seok(韓国)


2022年アジア選手権

[1]Syzdykov, Alimkhan(カザフスタン)
[2]Kim, Min-Seok(韓国)
[3]Abdullaev, Muminjon(ウズベキスタン)
[3]Kim, Roman(キルギス)
[5]園田新(日本)
[5]Loh, Timothy Yu(シンガポール)







JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

サイト内検索


【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
BIG、totoのご購入はこちら

SPORTS PHARMACIST

JADA HOMEPAGE

フェアプレイで日本を元気に