日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2024.02.21

五位塚悟さん(大東大OB)が19度目の優勝に挑戦、アマレス太郎も出場…2月25日(日)に全日本マスターズ選手権

▲4年ぶりに東京・青少年総合センターで開催される全日本マスターズ選手権

 

 35歳以上の選手を対象とした2024年全日本マスターズ選手権は2月25日、東京・青少年総合センターで予定され、男女261選手(昨年比+49選手)がエントリーした。昨年は同所が改修工事だったため千葉・佐倉市民体育館での開催。今回は“本拠地”での実施。コロナのため2021・22年は実施されなかったので、4年ぶりの“里帰り”となる。

 DivisionF(61~65歳)70kg級には、昨年、12大会連続18度の優勝を遂げた五位塚悟さん(大東大OB)が出場する。20度目の優勝なるか。

 同選手は現在、大東大の監督を務めている。DivisionB(41~45歳)70kg級に日体大コーチを務める藤山光太朗さん(日体大職)、DivisionC(46~50歳)58kg級には早大監督で日本協会理事でもある岡田英雅さん(ワセダクラブ)、DivisionF(61~65歳)62kg級には帝塚山大でコーチを務める鈴木貫太郎さん(三恵海運)、DivisionG(66歳以上)70kg級には南九州大部長の西村盛正さん(三恵海運)、同88kg級には日大監督の鈴木光さん(日大クラブ)が出場。部門や階級が違うので直接対戦はないものの、“大学対抗戦”の様相を見せている。

▲2019年世界ベテランズ選手権で優勝している五位塚悟さん。国内で不滅の金字塔をつくるか

 DivisionA(35~40歳)100kg級には天野雅之さん(学校法人中央大学職員)がエントリー。昨年12月に全日本選手権17度目の出場を果たし、最多出場(22回)を目指すことを明言している。マスターズの分野でも、将来の最多出場へ向けての好スタートを切れるか。同58kg級には、アマレス兄弟として芸能界で活動しているコンビの“弟”であるアマレス太郎さん(高八重正志=高校時代にレスリングをやっていた。高校名は非公表。“兄”とは実の兄弟ではない)がエントリーした。

 DivisionB(41~45歳)78kg級には、昨年の世界ベテランズ選手権で優勝した古里光司さん(神奈川・磯子工高教)が出場し、2大会連続5度目の優勝を目指す。世界王者の強さを見せられるか。同62kg級には2019年世界ベテランズ選手権62kg級を制した藤本健太さん(三恵海運)、Division C(46~50歳)70kg級には2018・19年に世界ベテランズ選手権70kg級を連覇した伊東克佳さん(グロリア)の元世界王者が出場する。

 DivisionD(51~55歳)58kg級には、50歳を超えても全日本選手権出場を続ける浅川享助さん(北杜クラブ)がエントリーした。

《2024年全日本マスターズ選手権・大会サイト》







JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

サイト内検索


【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
BIG、totoのご購入はこちら

SPORTS PHARMACIST

JADA HOMEPAGE

フェアプレイで日本を元気に