日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2024.06.08

【2024年ランキング大会・特集】清岡幸大郎(三恵海運)の声

 

(2024年6月6日、ハンガリー・ブダペスト / 取材・撮影=布施鋼治)


 ■男子フリースタイル65㎏級優勝・清岡幸大郎(三恵海運=初戦で敗退するも、予選リーグ1位通過。決勝では0-8の劣勢をはね返して優勝)「今日1試合を何かに例えるとしたら、マンガの話になるんですけど、『ドラゴンボール』の精神と時の部屋に入ったような気がしました。勝ちも負けも両方味わって、しかも、自分にとってのスター選手やレジェンド選手とたくさん試合をすることができました。パリに向け、本当に最高の遠征になったと思います。

 (決勝でいきなり0-8まで追い込まれたことについて)ちょっとアップ不足というか、スタンドのアップばかりやって、グラウンドのそれがおろそかになっていたのかなと思います。でも、(先に試合をした)樋口先輩が0-8からの逆転を見せてくれたので、やるだけだな、と思っていました。問題はなかったです。

 (得意のリンクル=首を相手の両脚の間に入れてのアンクルホールド=ですぐに8点を返したことについて)その形になれば返そうと思っていました。自分の得意技が海外の選手にどれくらい通用するのか、試したいという気持ちもありました。かかったことで、ある程度自信につながりました」







JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

サイト内検索


【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
BIG、totoのご購入はこちら

SPORTS PHARMACIST

JADA HOMEPAGE

フェアプレイで日本を元気に