日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2024.06.11

【2024年ランキング大会・特集】曽我部京太郎(ALSOK)の声

 

(2024年6月9日、ハンガリー・ブダペスト / 取材・撮影=布施鋼治)


 ■男子グレコローマン67㎏級5位・曽我部京太郎(ALSOK=3位決定戦で試合終了間際に痛恨の逆転負け)「(土壇場での大逆転負けについて)自分のよくないところが出た。ああいう場面になったら、最後まで自分が攻め切ると、ずっと言ってきているのに、そうすることができていなかったと思います。体が前に出ていたとしても、気持ちの部分で守る気持ちが少しでもあれば、ああいうふうに最後に取られてしまう。

 初戦で闘ったオルタ・サンチェス選手(キューバ)は、当たった感じで世界チャンピオンということをすごく感じました。今までにないようなスタイルというか、やりづらさだったり、力の部分でも強かった。(結果的に)相手のペースにのまれて、やられたという感じがします。(審判にアピールするも受け入れてもらえなかった)サンチェス選手にかまれた痕はまだ残っています。ちょっと痛かった。対戦相手にかまれたのは初めてですね」

▲ルイス・オルタ・サンチェスにかまれた跡







JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

サイト内検索


【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
BIG、totoのご購入はこちら

SPORTS PHARMACIST

JADA HOMEPAGE

フェアプレイで日本を元気に