日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト

世界チャンピオン/男子(36)…成國大志

 

成國大志(なりくに・たいし)…2022年世界選手権で初の世界一へ

【生年月日・出身地】1997年11月13日、東京都生まれ

【身長】167cm(2022年10月)

【所属】東京・ゴールドキッズ出身~三重・いなべ総合学園高~青山学院大~MTX GOLDKIDS

【全日本選手権成績】2015年=二回戦敗退、2016年=3位(以上、57kg級)、2019年=二回戦敗退(74kg級)、2021年=優勝、2022年=負傷棄権(フリースタイル70kg級・グレコローマン67kg級)

【世界選手権出場】2022年=優勝(70kg級)

《JWFデータベース》 《UWWデータベース》

 全国少年少女選手権5度優勝、全国中学生選手権3連覇などを経て、三重・いなべ総合学園高へ。1年生の2013年にインターハイ王者に輝き、国体でも優勝。その間にはグレコローマンで世界カデット選手権に出場。2014年のインターハイはつまずいたが、2015年は全国高校生選抜大会、インターハイ、全国高校生グレコローマン選手権で勝つ。

 青山学院大へ進み、2016年全日本学生選手権で1年生王者へ。全日本選手権は57kg級で3位。2017年に全日本学生選手権で2連覇を達成したあと、全日本大学グレコローマン選手権において、医師が処方した禁止薬物を含む薬の服用がドーピング違反とみなされ、1年8ヶ月の出場停止処分を受けた。

 2019年全日本学生選手権74kg級で復帰して優勝。2021年全日本選抜選手権から70kg級に定め、同年の全日本選手権で優勝。2022年のアジア選手権で、前年の世界選手権2位のキルギス選手を破って優勝した。全日本選抜選手権では不覚を喫したが、プレーオフを勝ち抜いて初の世界選手権へ挑み、世界一へ上り詰めた。年末の全日本選手権は両スタイルにエントリーしたが、負傷のため棄権。

 母・晶子(旧姓飯島)は1987年から93年にかけて世界選手権に出場しており、全日本選手権でも5回優勝。母と息子による全日本チャンピオンは日本史上初めてであり、母と息子による世界選手権優勝のみならず、世界選手権出場も世界で初めて。

(2022年12月現在)

《特別サイト》2023年世界選手権
JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

サイト内検索


【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
BIG、totoのご購入はこちら

SPORTS PHARMACIST

JADA HOMEPAGE

フェアプレイで日本を元気に