日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト

世界&オリンピック・チャンピオン/男子(31)…文田健一郎(男子グレコローマン59kg級)

文田健一郎(ふみた・けんいちろう)…2017年世界選手権で初の世界一へ

【生年月日、出身】1995年12月18日、山梨県出身

【身長】167cm

【所属】山梨・韭崎工高~日体大

【コーチ】文田敏郎、松本慎吾

【レスリング歴】2004年~

【全日本選手権成績】2013年=3位(男子グレコローマン55kg級)、2014年=二回戦、2015年=5位、2016年=優勝(以上、男子グレコローマン59kg級)

【オリンピック・世界選手権成績 】2017年=優勝(男子グレコローマン59kg級)


2017年世界選手権で、日本男子34年ぶりの世界王者に輝いた文田健一郎

 父・敏郎さんは日体大レスリング部OBで、1982年の全日本選手権・男子グレコローマン2位などの成績。小学生の頃は遊びの延長の感覚でレスリングをやっており、実績は特になし。中学へ進んでから本格的に取り組み、2009年全国中学生選手権42kg級2位。翌2010年に同選手権46kg級で優勝するとともに、アジア・カデット選手権・男子グレコローマン46kg級2位など国際舞台で通じる力を発揮。

 父が監督を務める山梨・韮崎工高へ進み、フリースタイルでも2013年インターハイ60kg級優勝など実績を残すが、グレコローマンに力を入れ、2011~13年に全国高校生グレコローマン選手権と国体の両大会で3連覇を果たした(50・55・60kg級)。2013年には全日本選手権に出場し、男子グレコローマン55kg級で3位入賞。

 日体大へ進んでグレコローマンに専念。2015年の全日本学生選手権と国体の59kg級(以下同じ)を制覇。リオデジャネイロ・オリンピックには間に合わなかったが、2016年全日本選抜選手権で優勝し、6月のピトラシンスキ国際大会(ポーランド)ではオリンピック日本代表に土をつけた。

 同年の国体と全日本選手権も制覇。全日本選手権ではオリンピック銀メダリストを破る価値ある優勝。その間のゴールデンGP決勝大会(アゼルバイジャン)で勝つなど国際舞台でも台頭した。

 2017年にアジア選手権で優勝し、全日本選抜選手権でも勝って世界選手権の代表権を獲得。世界選手権では5試合を勝ち抜いて初出場初優勝を遂げた。日本選手の世界選手権優勝は1983年の江藤正基(グレコローマン57kg級)以来、34年ぶりの快挙だった。

(2017年8月現在)

 

サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に