日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト

世界&オリンピック・チャンピオン/男子(34)…太田忍(男子グレコローマン63kg級)

太田忍(おおた・しのぶ)

【生年月日、出身地】1993年12月28日、青森県

【出身クラブ・出身校】青森・八戸キッズ教室出身。山口・柳井学園高~日体大卒

【身長】165cm

【所属】ALSOK

【コーチ】勝村靖夫、松本慎吾、松本隆太郎

【全日本選手権成績】2013年=2位(60kg級)、2014年=2位、2015年=優勝、2016年=2位(以上59kg級)、2017年=優勝、2018年=2位(以上60kg級)

【オリンピック・世界選手権成績】2016年オリンピック=2位(59kg級)、2018年=9位(60kg級)、2019年=優勝(63kg級)


本来より1階級上の63kg級で世界一に輝いた太田忍

 2007・08年に全国中学生選手権で連続優勝し、恩師を頼って山口・柳井学園高へ。2010・11年に全国高校生グレコローマン選手権と国体グレコローマンで連続優勝。グレコローマンに活路を見出した。

 日体大へ進み、2012年に世界ジュニア選手権55kg級3位入賞と国際舞台でも頭角を表す。2013年全日本大学グレコローマン選手権60kg級優勝など着実に実力をアップし、2014年から59kg級へ。アジア選手権で前年の世界王者を破って銀メダル獲得。2015年にアジア選手権3位を経て、全日本選手権で初優勝。

 2016年オリンピック・アジア予選では、初戦で2012年ロンドン・オリンピック55kg級優勝の選手を破り、2位になってオリンピック出場を引き寄せた。オリンピックでは銀メダル。

 2017年世界選手権は文田健一郎に譲ってしまったが、同年の全日本選手権で文田を破って優勝。2018年はアジア大会に出場して日本男子唯一の金メダルを獲得。世界選手権は9位に終わった。2019年は60kg級での世界選手権出場を逃し、63kg級の代表として出場。前年の世界王者を決勝で破り、初の世界一に輝いた。


サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に