日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2011.11.29

【特集】“15分天下”の屈辱をバネに五輪出場を目指す…男子グレコローマン84kg級・天野雅之(中大職)


(文=増渕由気子)

 日本レスリングの原点である早大が今年80周年を迎えた。早大は近年、スカウトや指導に力を入れ、学生チャンピオンや全日本のトップ選手を輩出してきた。早大に続いて初期(戦後)の日本レスリング界を支えてきたのが中大だ。早大に負けじと、中大からロンドン五輪へ向けてギアを入れているのが、グレコローマン84㎏級の天野雅之(中大職=右写真)だ。

 同級は、2004年アテネ・2008年北京両五輪代表の松本慎吾が引退し、後継者として日体大卒の斎川哲克(両毛ヤクルト販売)が2009・10年の世界選手権に出場した。だが、“斎川政権”は長く続かず、昨年の全日本選手権では学生四冠王と急成長した岡太一(当時拓大)が斎川を破って初優勝。今年の世界選手権(トルコ)にも出場した。

■今年春、痛恨の“15分間だけの日本一”へ

 岡は4月の全日本選抜選手権で初戦敗退し、プレーオフの末に辛くも勝ち取った世界へのキップだった。岡を倒し、決勝で斎川をフォールで下して同選手権初優勝を遂げたのは、中大を卒業したばかりの天野だった。日体大や自衛隊を練習拠点とする選手が全日本のトップを占めるグレコローマンにおいて、中大出身と異色のカラーを持つ。

国体の準決勝で鶴巻宰を破った天野

 全日本選抜選手権は初優勝だったが、大学3年(2009年)から国体を勝ち続け、実績は十分にあった。今年の国体では、初戦から元全日本2位の太田充洋(大分・宇佐産業科学高教)を下し、天野が「ヤマだと思った」と言う準決勝では昨年のアジア大会74㎏級銀メダルの鶴巻宰(自衛隊)を2-1で振り切り、「全日本選手権前の最終調整になった」と満足する3連覇を飾った。

 この優勝で、今年は全日本選抜選手権と国体の“二冠王”となったが、本人にチャンピオンという意識はない。全日本選抜選手権で優勝したものの、「チャンピオンの気分だったのは、プレーオフで負けるまでの15分くらいしかなかった(注=実際の試合間隔は約1時間半あった)。本当にプレーオフは難しいですね」。初戦で下した岡にプレーオフで返り討ちにされてしまった勝負の難しさを痛感している。

 ライバルの岡は、学生四冠王の肩書きを持って“プロ集団”の自衛隊に進んだ。天野は中大に職員として就職。仕事第一のスタンスでレスリングを続けている。「仕事との両立を始めたので、国体までの半年間は確かにきつかったです。朝早くから夜遅くまで体験したことのないストレスもありました」。

■基礎の再確認に役立つ学生選手の指導

 だがその半年間が天野を成長させるきっかけにもなった。「そのおかげで、一日一日が楽しく、大切になったんです。学生時代は練習できるのが当たり前だったんですが、今は練習時間がすごく大切。量より質を高めて練習し、仕事と両立できた日がうれしくてたまらないのです」と、充実した日々を過ごしている。

斎川哲克を破って全日本選抜選手権優勝の天野だが、1時間半後には“日本一”がスルリと逃げた

 中大職員になったと同時に部のコーチにもつき、学生指導にも目を光らせ熱血指導を行っている。4年生の引退試合でもある今月中旬の全日本大学選手権では、試合後の集合時に4年生から「中大でレスリングをやれてよかった」と伝えられ、「思わず、泣いてしまった」と苦笑する。「指導するのは基礎を理解していないといけない」と、密度の濃い練習と後輩への指導時間が、向上心のきっかけになっているようだ。

 ことし6月には全日本チームのメンバーとしてカザフスタン遠征(プレジデントカップ出場)にも参加し、強くなるには海外経験が必須と悟った天野は、「全日本選手権で優勝して、3月のカザフスタンでの五輪アジア予選に行きたい」と意気込む。

 4月のプレーオフは経験不足で敗退し、世界選手権のチャンスを逃したが、「選抜選手権の優勝は自信になっています。12月がチャンスだと思うので、何が何でも勝つという意識を忘れないことと、挑戦者という意識を持つ」とキッパリ。天野が全日本選抜選手権、国体、そして全日本選手権と2011年の“全日本三冠王”を目指す。

天野雅之(あまの・まさゆき)=中大職

 1988年9月14日、 福岡県生まれ、23歳。福岡・東福岡高からレスリングを始め、06年の国体グレコローマン84kg級で2位へ。中大へ進み、08年JOC杯ジュニアオリンピックで優勝し、世界ジュニア選手権5位入賞。09年に全日本大学グレコローマン選手権と国体で優勝。10年は学生の2大大会はともに2位だったが、国体で優勝。11年に全日本選抜選手権と国体で優勝と実力をつけている。182cm。

 







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp