掲載内容の間違い、誤字脱字は、こちらからご指摘ください。

【明治杯全日本選抜選手権/最終日・特集】優勝選手の声(男子フリースタイル)

(文=増渕由気子、渋谷淳、留福、撮影=矢吹建夫)


 ■男子フリースタイル61kg級・有元伸悟(近大職=昨年の全日本選手権2位からステップアップの初優勝)「率直にうれしい。2位が続いていて、今回こそはという気持ちがあった。(全日本選手権の負けは)けがもあって思い通りにレスリングできなかったが、落ち込んだ。

 今年は(非オリンピック階級の)世界選手権があると聞いて、それをモチベーションにしようと考えた。近大では伸び伸びやらせてもらって最高の環境だと思っている。コーチにも監督にもお世話になり、こういう形で恩返しできたのはうれしい。自分にも東京オリンピックという機会があるなら、挑みたい」


 ■男子フリースタイル65kg級・鴨居正和(自衛隊=半年前に階級アップ、国内2大会目で優勝)「大会前は調子が悪かったが、試合では何とか自分らしい動きができた。準決勝から接戦で、それをものにできたのは、自衛隊のコーチ陣のおかげかなと思う。これまでは、61kg級で優勝しても非オリンピック階級ということで誇れるものではなかったし、引っかかるものがあった。『どうせオリンピック階級じゃないから優勝できたんだろう』と思われていたのではないかと。

 今回65kg級で優勝できたので少しだけ自信になりました。これから当分、海外の試合はないので、国内のタイトルをしっかり取って、安定感のある選手になりたいです」



 

Share on Facebook