日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2016.11.22

11・24~26ゴールデンGP決勝大会(アゼルバイジャン)出場の女子チームが出発


 11月24日(木)~26日(土)にアゼルバイジャン・バクーで行われるゴールデンGP決勝大会に出場する女子チームが11月21日、成田空港から出発した。55kg級だけ出場資格がなく、7階級で出場する。

 成富利弘監督(東京・安部学院高教)は「リオデジャネイロでの日本の強さは、どの国も胸に刻まれている。2番手、3番手でも強いことを世界に示してほしい」と、どの選手にも圧勝での優勝を期待。

 同時に、「リオデジャネイロで金メダルを取って次も目指す選手が慌てるような内容と結果を求めたい」と、国内の1番手選手への刺激となる勢いも求めた。

 志土地翔大コーチ(至学館大職)は「各国の強豪が集まると思う。オリンピック後の最初の(大きな)大会なので、気を引き締めて臨みたい」と言う。東京オリンピックまでは、常にマークされる闘いが続くとし、「その中でも勝ち抜く強さを求めたい」と続けた。

■世界で一番強い選手との連日の練習の成果を見せる!

 主将を務める60kg級の伊藤彩香(東新住建)は、今月初めの「ビル・ファーレル国際大会」(米国)に出場し、帰国してから1週間後の出発というハードスケジュール。「チャンスを与えてもらえることはうれしい。こうした機会を無駄にしたくない」と受け止め、2大会連続優勝を目指す。

 ゴールデンGP決勝大会は2年前に出場したことがあり、その時は3位に終わっている。「簡単には勝たせてもらえない大会」ということは承知している。オリンピックが終わり、世界のレスリング界がリセットされて未知の選手も出てくるので、緊張する闘いとなることが予想される。

 しかし、「未知の相手に対する緊張は、相手も同じだと思う。(63kg級オリンピック・チャンピオンの川井)梨紗子としっかり練習できている。梨紗子以上の選手は絶対にいない」と言い聞かせ、「自分がしっかり勝ち、キャプテンとしてチームをまとめたい」と語気を強めた。

 75kg級は出場予定だった阿部梨乃(日大)が体調不良のため、今年のアジア・ジュニア選手権3位の土橋奏珠(かなみ=至学館大)が急きょ抜てきされた。3日前に言われたそうで、「気持ちは全日本選手権へ向いていたので、びっくりしました。まだ(気持ちを)高める途中です」とのことだが、25日の試合までにはピークにもっていきたいという。

 シニアの国際大会は今年2月のクリッパン女子国際大会(スウェーデン)だけで、ドイツの選手に無得点のテクニカルフォール負け。厳しいことは覚悟しているが、「自分の練習してきたことを出してきたい」と、全力ファイトを宣言。

 75kg級でリオデジャネイロ・オリンピックに出場した渡利璃穏は本来の階級(63kg級)に戻ることが予想され、国内のこの階級は若手のだれにでもチャンスのある階級となった。まだ国内のシニアの大会での優勝経験はないが、「一方的に負けることもなかった」と振り返り、「自分のレスリングをやっていけば、結果が出てくると思う」と、一歩一歩進んでいく姿勢を示した。


《大会日程》
11月24日(木) 男子フリースタイル全階級
    25日(金) 女子全階級
    26日(土) 男子グレコローマン全階級


 ◎役員

【男子フリースタイル監督】小平清貴(警視庁)
【男子グレコローマン監督】笹本睦(日本協会アシスタントコーチ)
【女子監督】成富利弘(東京・安部学院高)、【同コーチ】志土地翔大(至学館大)

【ドクター】下﨑研吾(金沢大)、【トレーナー】佐藤守重(ファクトリージャパン)
【帯同審判】小池邦徳(天理教校学園高教)

【総務】筒井穣(日本協会事務局)

---------------------------------

 ◎選手

【男子フリースタイル】
▼57kg級 高橋侑希(ALSOK)

【男子グレコローマン】
▼59kg級 文田健一郎(日体大)

【女子】
▼48kg級 五十嵐未帆(至学館大)
▼53kg級 角谷萌々果(至学館大)
▼58kg級 浜田千穂(キッコーマン)
▼60kg級 伊藤彩香(東新住建)
▼63kg級 源平彩南(至学館大)
▼69kg級 古市雅子(日大)
▼75kg級 土橋奏珠(至学館大)


 







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp