掲載内容の間違い、誤字脱字は、こちらからご指摘ください。

モンゴルが2階級で優勝…ヤリギン国際大会(女子)

 ヤリギン国際大会の女子は1月27~28日、ロシア・クラスノヤルスクで行われ、日本が4階級を制したほか、モンゴルが2階級、米国とキルギスが1階級ずつ勝った。

 モンゴルは63kg級でリオデジャネイロ・オリンピック58kg級代表のオーコン・プレブドルジ、75kg級で2014年アジア選手権5位のウルトナサール・ガノチールがそれぞれ勝った。

 58kg級は昨年のアジア選手権優勝、オリンピック5位のアイスル・A・チニベコワ(キルギス)、69kg級は米国代表としてオリンピックに挑みながら予選を通過できなかったタミラ・メンサ(米国)が優勝。

 地元のロシアは5階級で決勝へ進みながら、全階級で2位に終わった。

 各階級の成績は下記の通り。


 ◎女子

 【48kg級】
[1]須崎優衣(JOCエリートアカデミー/東京・安部学院高)
[2]Leksina, Daria(ロシア)
[3]Selishka, Miglena(ブルガリア)
[3]Dadasheva, Milana(ロシア)

 【53kg級】
[1]向田真優(至学館大)
[2]Davaasukh, Otgontsetseg(モンゴル)
[3]Erdenechimeg, Sumiya(モンゴル)
[3]Poleshchuk, Ekaterina(ロシア)

 【55kg級】
[1]南條早映(JOCエリートアカデミー/東京・安部学院高)
[2]Hildebrandt, Sarah(米国)
[3]Andreeva, Aleksandra(ロシア)
[3]Altantsetseg, Battsetseg(モンゴル)

 【58kg級】
[1]Tynybekova, Aisuluu A(キルギス)
[2]Chumikova, Veronika(ロシア)
[3]花井瑛絵(愛知・至学館高)
[3]Enkhbat, Gantuya(モンゴル)

 【60kg級】
[1]坂上嘉津季(ALSOK)
[2]Prontsevich, Yulia(ロシア)
[3]Ragan, Allison Mackenzie(米国)
[3]Tsyrenova, Zhargalma(ロシア)

 【63kg級】
[1]Purevdorj, Orkhon(モンゴル)
[2]Trazhukova, Inna(ロシア)
[3]伊藤彩香(東新住建)
[3]Yusein, Taybe(ブルガリア)

 【69kg級】
[1]Mensah, Tamyra(米国)
[2]Ochirbat, Nasanburmaa(モンゴル)
[3]Sharkhuu, Tumentsetseg(モンゴル)
[3]Manolova, Elis(アゼルバイジャン)

 【75kg級】
[1]Ganochir, Urtnasar(モンゴル)
[2]Starodubtseva, Alena(ロシア)
[3]Tserendorj, Bayarzaya(モンゴル)
[3]Perepelkina, Elena(ロシア)


 

Share on Facebook