日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2017.01.31

2・1~3「デーブ・シュルツ国際大会」出場の学生選抜(米国)・女子チームが出発


 2月1~3日に米国・コロラドスプリングズで行われる「デーブ・シュルツ国際大会」に出場する学生選抜の女子チームが1月30日、成田空港発の日本航空で出発した。

 嘉戸洋監督(環太平洋大監督)は「参加するどの選手も東京オリンピックを目標にしていると思う。代表が決まるまで3年弱しかない。その中で、この遠征で何を求めるかを各自がしっかり把握してほしい」と要望。

 学生選抜の遠征の場合は、チームとしてのまとまりを求められることが多いが、「チームうんぬんより、個人としてしっかりした目標を持ち、それを達成するために全力を尽くす遠征にさせたい」と、まず自分の闘いに全力を尽くすことを望んだ。

 この日帰国したヤリギン国際大会(ロシア)出場の女子チームが好成績を残し、「頑張らなければならない、という気持ちは当然持っているでしょう」としながら、「勝つことだけではなく、もう少し大きな視点を持たせたい。何を学びにいくかを明確にさせ、必ず収穫と言えるものを持ち帰らせたい」と、内容ある遠征を求めた。

 唯一の4年生である60kg級の坂野結衣主将(日大)は「学生最後の大会になります。優勝して帰ってきたい」と第一声。下級生を引っ張らなければならない立場だが、「みんな海外遠征に慣れていますので、しっかりやってくれると思います」。まとめるとこころはまとめるが、チームの層の厚さが心強そう。

 昨年12月には世界選手権(ハンガリー)の代表に選ばれながらメダルを逃し、続く全日本選手権でも優勝を逃すなど、消化不良の年末だった。口には出さなかったが、この時、ひじを痛めていて満足に練習できない状況だった。そのけがも順調に回復しているだけに、2017年の最初の大会での優勝を誓った。

 男子チームは29日に出発している。


 《大会日程》
2月1日(水) 男子グレコローマン全階級
   2日(木) 男子フリースタイル全階級
   3日(金) 女子全階級


 《日本選手団=女子関連》

  ◎役員

【団長】藤沢信雄(大東大職)、【副団長】多賀恒雄(明大教)

【女子監督】嘉戸洋(環太平洋大監督)、【コーチ】藤山慎平(九州共立大コーチ)

【トレーナー】武末大蔵(東芝病院)、【帯同審判】 長谷川拓也(静岡・焼津水産高教)

----------------------------------------

 ◎選手

 【女子】
▼48kg級 加賀田葵夏(青山学院大)
▼53kg級=派遣なし
▼55kg級 角谷萌々果(至学館大)
▼58kg級 河内美樹(日体大)
▼60kg級 坂野結衣(日大)
▼63kg級 源平彩南(至学館大)
▼69kg級=派遣なし
▼75kg級 古市雅子(日大)


 




サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp