日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2017.02.15

今年6月、ロシアの“虎の穴”で初のロシア女子選手権…イスラム教の強い地域へ女子が進出!


 ロシア・レスリング協会は、今年のロシア女子選手権が6月8~11日にダゲスタン共和国のカスピースクで行われることを報じた。7世紀にイスラム教がロシアに最初に伝わった地で、住民の多くがイスラム教徒。こうした地で女子の大会が開催されることで、「新たな時代に突入した」とのニュアンスで掲載している。

 同地はロシアで最もレスリングが盛んな地域と言われ、オリンピック3度優勝のブバイサ・サイキエフ(フリースタイル74kg級)やオリンピック2階級制覇を達成したマブレット・バティロフ(同55・60kg級)を筆頭に多くの強豪選手を輩出。2014年に18歳で世界王者となり、翌年とリオデジャネイロ・オリンピックでも勝った同86kg級のアブデュラシド・サデュラエフもダゲスタン共和国出身。

 女子でも、1995年の世界選手権50kg級でロシア初の世界チャンピオンに輝いたサネイト・ガナチュエワ、2011年世界選手権51kg級で優勝したザミラ・ラクマノワらがいる。しかし、イスラム教の強い地域であるため選手数は少なく、認知度は低かったという。世界一に輝いた選手は同地を出て強化していた。

 ロシアのオマール・ムルタザリエフ副会長によると、女子のユーリ・シャクムラドフ・ヘッドコーチの発案で実現するそうで、「(イスラム教の多い)アゼルバイジャンやトルコでも女子の強豪が生まれている。女子の大会開催の実現により、若者の親を含めて同地の多くの人の関心を引きつけられる。女子レスリングの発展につながるものと確信している」とコメントした。

 同地出身でリオデジャネイロ・オリンピック48kg級に出場したミラン・ダダショワは「以前は、女子レスリングは見向きもされなかった。今でも女性のレスリングに嫌悪感を示す人もいますが、多くの人が関心を持ってくれ応援してくれるようになりました。ダゲスタンでのロシア女子選手権の開催は、ロシアでの女子レスリングの発展につながると思います」と話している。


 







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp