掲載内容の間違い、誤字脱字は、こちらからご指摘ください。

6連覇を目指すイランと米国が勝ち抜き、優勝決定戦で対決…男子フリースタイル・ワールドカップ(予選グループ)

 男子フリースタイルのワールドカップは2月16日、イラン・ケルマンシャーで開幕。17日午前までに予選グループが行われ、優勝決定戦は6連覇を目指す地元のイランと、入国をめぐって世間を騒がせた米国との対戦となった。

 2014年57kg級世界王者のハサン・ラヒミを擁するイランは、1回戦のトルコ戦、2回戦のインド戦とも8-0で完勝。3回戦のモンゴル戦は7-1で勝って、A組1位となった。

 B組の米国は2012年ロンドン・オリンピック74kg級金メダルのジョーダン・バローズ、リオデジャネイロオリンピック97kg級金メダルのカイル・スナイダーらをそろえ、1回戦のジョージア戦を7-1、2回戦のロシア戦を6-2で撃破。3回戦のアゼルバイジャン戦はチームスコア4-4ながら、テクニカルポイントの差で勝利をおさめ、3戦全勝で1位となった。

 各試合結果は下記の通り。2位同士が3位決定戦、3位同士が5・6位決定戦、4位同士が7・8位決定戦を闘う。


 ◎予選グループ

 【A組】

 ▼1回戦
アゼルバイジャン○[4-4]●ロシア、米国○[7-1]●ジョージア

※アゼルバイジャンとロシアは、テクニカルポイント「32-29」でアゼルバイジャンの勝ち

 ▼2回戦
米国○[6-2]●ロシア、アゼルバイジャン○[5-3]●ジョージア

 ▼3回戦
ロシア○[5-3]●ジョージア、米国○[4-4]●アゼルバイジャン

※米国とアゼルバイジャンは、テクニカルポイント「20-14」で米国の勝ち

 《A組順位》[1]米国 3勝、[2]アゼルバイジャン 2勝1敗、[3]ロシア 1勝2敗、[4]ジョージア 3敗

--------------------------------------------

 【B組】

 ▼1回戦
イラン○[8-0]●トルコ、モンゴル○[7-1]●インド

 ▼2回戦
イラン○[8-0]●インド、トルコ○[5-3]●モンゴル

 ▼3回戦
イラン○[7-1]●、トルコ○[7-1]●インド

 《B組順位》[1]イラン 3勝、[2]トルコ 2勝1敗、[3]モンゴル 1勝2敗、[4]インド 3敗


 

Share on Facebook