掲載内容の間違い、誤字脱字は、こちらからご指摘ください。

オリンピック女王が同門決戦で敗れる…2・17~19クリッパン女子国際大会/各階級成績

 クリッパン女子国際大会は2月17~19日、スウェーデン・クリッパンで行われ、シニアの部75kg級ではリオデジャネイロ・オリンピック優勝のエリカ・ウィーブ(カナダ)が決勝で、2015年世界選手権代表のジャスティナ・ディスタシオ(カナダ)に7-10で敗れた。

 ディスタシオは24歳で、昨年10月の世界大学選手権(トルコ)で優勝。今月初めのデーブ・シュルツ国際大会(米国)では古市雅子(日大)に敗れて2位だった。ウィーブはオリンピック後の初の個人戦を飾れなかった。

 58kg級はオリンピック2位のバレリア・コブロワ(ロシア)が復帰戦に臨み、決勝で1月のヤリギン国際大会(ロシア)優勝のアイスル・ティニベコワ(キルギス)の負傷棄権によって勝利。復帰戦を飾った。

 69kg級は昨年の世界ジュニア選手権67kg級優勝のクムバ・ラーロク(フランス)がオリンピック3位のジェニー・フランソン(スウェーデン)を破って優勝した。

 各階級の成績は下記の通り。


 【48kg級】
[1]須崎優衣(日本)
[2]Mian, Jasmine(カナダ)
[3]Leksina, Daria(ロシア)
[3]Chepsarakova, Valeria(ロシア)

 【53kg級】
[1]奥野春菜(日本)
[2]Kaladzinskaya, Vanesa(ベラルーシ)
[3]Krawczyk, Katarzyna(ポーランド)
[3]Orshush, Stalvira(ロシア)

 【55kg級】
[1]Sidakova, Zalina(ベラルーシ)
[2]Hanchar-Yanushkevich, Katsiaryna(ベラルーシ)
[3]Shushko, Nadeshda(ベラルーシ)
[3]Galambos, Ramona(ハンガリー)

 【58kg級】
[1]Koblova-Zholobova, Valeria(ロシア)
[2]Tynybekova, Aisuluu A(キルギス)
[3]熊野ゆづる(日本)
[3]Fazzari, Michelle(カナダ)

 【60kg級】
[1]Prontsevich, Yulia(ロシア)
[2]Tukurenova, Ulyana(ロシア)
[3]Sleisz, Gabriella(ハンガリー)
[3]小玉彩天奈(日本)

 【63kg級】
[1]Lazinskaya, Valeria(ロシア)
[2]Olli, Petra   Finland FIN
[3]今井海優(日本)
[3]Johansson, Henna(スウェーデン)

 【69kg級】
[1]Larroque, Koumba(フランス)
[2]Fransson, Jenny(スウェーデン)
[3]Bratchikova, Anastasia(ロシア)
[3]松雪成葉(日本)

 【75kg級】
[1]di Stasio, Justina(カナダ)
[2]Wiebe, Erica(カナダ)
[3]Starodubtseva, Alena(ロシア)
[3]Mae, Epp(エストニア)


 

Share on Facebook