掲載内容の間違い、誤字脱字は、こちらからご指摘ください。

【記録】2017年世界選手権/男子フリースタイル65kg級・鴨居正和の国際大会成績

 《2017年》

 【5月:アジア選手権=インド(65kg級)】=3位(12選手出場)
3決戦  ○[Tフォール、4:04=10-0]Weerasinghege, Chamara Milinda Perera(スリランカ)
準決勝 ●[2-8]Lee, Seung-Chul(韓国)
2回戦  ○[11-4]Mamataev, Adilet(キルギス)
1回戦   BYE

 【1月:ヤリギン国際大会=ロシア(65kg級)】=20位(30選手出場)
1回戦 ●[2-3]Yeganehjafari, Mohammed Mehdi(イラン)

---------------

 《2016年》 

 【6月:ジオルコウスキ国際大会=ポーランド(65kg級)】=5位(10選手出場)
3決戦 ●[4-5]Joe Mckenna(米国)
2回戦 ●[4-11]Katai Yeerianbieke(中国)
1回戦  BYE

 【2月:アジア選手権=タイ(65kg級)】=5位(19選手出場)
3決戦  ●[フォール、5:42=4-9]Batmagnai Batchuluun(モンゴル)
準決勝 ●[Tフォール、4:48=0-11]Meysam Abolfazl Nasiri(イラン)
3回戦  ○[5-2]Jon Kum Su(北朝鮮)
2回戦  ○[Tフォール、4:25=10-0]Saparmyrat Myradov(トルクメニスタン)
1回戦     BYE

---------------

 《2015年》

 【9月:世界選手権=米国(61kg級)】=5位(23選手出場)
3決戦  ●[2-3]Vladimir Dubov(ブルガリア)
敗復戦 ○[8-7]Andrei Perpelita(モルドバ)
3回戦  ●[2-6]Haji Aliyev(アゼルバイジャン)
2回戦  ○[Tフォール、4:32=10-0]Jasin Redjalari(マケドニア)
1回戦  BYE

 【7月:ジオルコウスキ国際大会=ポーランド(61kg級)】=2位(12選手出場)
決  勝 ●[3-6]Vladimir Dubov(ブルガリア)
準決勝 ○[7-2]Radoslav Velikov(ブルガリア)
2回戦  ○[10-7]Beka Lomtadze(ジョージア=グルジア)
1回戦  BYE

 【5月:アジア選手権=カタール(61kg級)】=3位(15選手出場)
3決戦  ○[Tフォール、3:00=12-2]Tian Zhenguang(中国)
敗復戦 ○[4-3]Yang Jaehoon(韓国)
2回戦  ●[0-1]Behnam Eshagh Ehsanpoor(イラン)
1回戦  ○[5-1]Sonu Sonu(インド)

---------------

 《2014年》

 【9月:世界選手権=ウズベキスタン(61kg級)】=18位(26選手出場)
1回戦 ●[3-6]Vladimir Vladimirov Dubov(ブルガリア)

 【8月:ジオルコウスキ国際大会=ポーランド(61kg級)】=9位(11選手出場)
1回戦 ●[3-5]Recep Topal(トルコ)

 【7月:世界学生選手権=ハンガリー(61kg級)】=5位(12選手出場)
3決戦  ●[7-11]Niurgun Skriabin(ロシア)
敗復戦 ○[Tフォール、10-0]Vadim Sacultan(モルドバ)
1回戦  ●[1-8]Bernard Futrell(米国)

 【1月:デーブ・シュルツ記念国際大会=米国(65kg級)】(13選手出場)
敗復1 ●[警告]伊藤和真(専大)
2回戦 ●[Tフォール、1-11]Bernard Futrell(米国)
1回戦  BYE

---------------

 《2013年》

 【11月:ゴールデンGP決勝大会=アゼルバイジャン(60kg級)】=13位(14選手出場)
1回戦 ●[Tフォール、2-10]Vladimir Khinchegashvili(グルジア)

 【7月:ユニバーシアード=ロシア(60kg級)】=18位(20選手出場)
1回戦 ●[Tフォール、(0-8)]Ryang Won Chol(北朝鮮)

 【2月:デーブ・シュルツ記念国際大会=米国(60kg級)】(25選手出場)
敗復4 ●[0-2(0-3,0-2)]Batbold Nomin(モンゴル)
敗復3 ○[途中棄権、2P終了時(1-0,0-1)]Narmandakh Lhamgarmaa(モンゴル)
敗復2 ○[2-0(5-4,3-1)]Rajneesh Rajneesh(インド)
敗復1 ○[2-0(1-0,6-0)]Longji Chen(中国)
2回戦  ●[0-2(TF0-6,0-4)]Kyle Jahn(米国)
1回戦  BYE

---------------

 《2012年》

 【9月:世界ジュニア選手権=タイ(60kg級)】=16位(35選手出場)
2回戦 ●[0-2(1-4、TF0-7)]Lasha Bitarashvili(グルジア)
1回戦 ○[2-1(0-1,1-0.4-0)]Jozsef Molnar(ハンガリー)

 【5月:アジア・ジュニア選手権=カザフスタン(60kg級)】=7位(14選手出場)
敗復戦 ●[0-2(0-1,0-2)]Yun Ji-hoon(韓国)
2回戦  ●[0-2(0-4,0-3)]Dangesaraki Arash(イラン)
1回戦  ○[2-1(0-1C,1-1L,1-1L)]Usmonzooa Farkhodi(タジギスタン)


 

Share on Facebook