日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2017.08.03

【特集】2017年世界選手権へかける(12)…男子グレコローマン71kg級・泉武志(一宮グループ)


《JWFデータベース》《UWWデータベース》《国際大会成績》《勝者の素顔=JWFフェイスブック》


(文=保高幸子)

 「バチン!」と相撲の立ち会いのような音が響く。男子グレコローマン71kg級代表として世界選手権に挑むのは、28歳にして急成長株となった泉武志(一宮グループ)。66kg級時代の限界を超えた減量から解放され、スタンド重視の現在のルールを味方に、階級変更した昨年末からここまで、怒涛の快進撃。

 5月のアジア選手権(インド)では、最軽量級以外では2008年の松本慎吾(84kg級=現男子グレコローマン強化委員長)以来の優勝を成し遂げた。現在、世界レスリング連盟(UWW)のランキング7位につけており、周りからの期待度も以前とは違う。

 全力で野獣のように相手を追い込むレスリング。「ルールも階級も自分にぴったり。今、世界一にならなければ…。何が何でも優勝する」と燃えている。

 母校・日体大の監督である松本強化委員長は「取り組む姿勢が変わりました。顔からでも相手にぶつかっていって、ボクサーのように顔が腫れても前にでる。体力、プレッシャー、ガッツは一流」と評価。足りないのは決定力のある技で、同委員長は「これを高めてくれたら」と注文し、泉自身もその点を意識して取り組んでいる。

 世界選手権では、昨年世界王者のバリント・コルパシ(ハンガリー)と2015年に66kg級で世界王者となっているフランク・ステーブラー(ドイツ)を警戒しているという。「7月の遠征でステーブラーに負けて、このままでは上にいけないと思って構えを少し変えました。彼らのスタイルを取り入れたりして、今までで最強の構えができたと思います」と自信を見せる。

■リオデジャネイロを目指していた時は、「死にもの狂いの本気ではなかった」

 泉の経歴はエリートのそれではない。高校2年生でレスリングを始め、大学では学生タイトルを一つ。卒業と同時に燃え尽き引退。復帰してリオデジャネイロ・オリンピックを目指したものの、国内予選大会(2015年全日本選手権)で頚椎(けいつい)を損傷。翌春の復帰戦では、3日前に交通事故に遭うアクシデント。5年間で3回の離脱。それでも「オリンピックは夢だから」と、あきらめなかった。

 「今思えば、交通事故に遭うまではよく考えていなかったですね。リオデジャネイロを目指している時も、死にもの狂いの本気ではなかった。追求しなければいけない部分で逃げたりしていたと思う」と振り返る。交通事故で戦線離脱していた時、日体大の先輩、金久保武大(男子グレコローマン75kg級)に筋トレの意義を説得され、それまで全くやっていなかった肉体改造に励んだ。「6分間前に出る力も、出せる技も増えました」との自覚がある。

 レスリングと向き合う時間も増えた。「練習が終わってからも、動画を見たりイメージをしたり。治療やトレーニング、色んな人にサポートしてもらっているから、それが強さになっています。勝たなきゃいけないという気持ちです」-。

 「レスリング=女子となってしまっている。男子のレスリングのいいところを見せたい。みんなに知ってほしい」との意地もある。リオデジャネイロを逃してようやく本気になった泉。「オリンピックを目指している自分に満足していた」というあの頃とは別人だ。世界の舞台で“グレコローマン・泉武志ここにあり!”をみせつける。

泉武志(いずみ・たけし=一宮グループ) 初出場(通算2度目の出場)
 1989年4月6日生まれ、28歳。愛媛県出身。愛媛・愛媛・八幡浜工高~日体大卒。175cm。2011年全日本学生選手権60kg級優勝。卒業でいったんマットを離れたが、思いを断ち切れず2013年に復帰。2014年に全日本社会人選手権71kg級、国体66kg級、全日本選手権66kg級で優勝。
 2015年に世界選手権出場を果たした。負傷のためリオデジャネイロ・オリンピックは逃したが、71kg級で復帰。2016年全日本選手権を制し、2017年アジア選手権で優勝した。

2011年全日本学生選手権60kg級で優勝、唯一の学生タイトルを手にした=撮影・矢吹建夫

2015年世界選手権(米国)で闘う泉=撮影・矢吹建夫


 《関連記事》

■2017年6月18日: 【2017年全日本選抜選手権/第2日・特集】優勝選手の声(3スタイル)

■2017年5月12日: 【アジア選手権・特集】男子グレコローマン71kg級優勝・泉武志(一宮グループ)の声

■2017年4月17日: 【特集】欧州2大会連続メダルを自信に、さらなる飛躍を目指す…男子グレコローマン71kg級・泉武志(一宮グループ)

■2016年12月24日: 【2016年全日本選手権・最終日/特集】優勝選手の声(3スタイル)

■2016年10月31日: 【全国社会人オープン選手権・特集】愛媛国体を目標に階級アップで再起! 昨年の世界選手権代表の泉武志(一宮グループ)

■2015年9月08日: 【世界選選手権/第1日・特集】悔やまれる2度のミス! 初出場での殊勲ならず…男子グレコローマン66kg級・泉武志(一宮グループ)

■2015年8月14日: 【特集】2015年世界選手権へかける(10)…男子グレコローマン66kg級・泉武志(一宮グループ)


 







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp

フェアプレイで日本を元気に