日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2017.08.16

8・21~26世界選手権(フランス)・展望(2)/男子グレコローマン80kg級~130kg級


(8月21~26日、フランス・パリ)


《大会日程》
8月21日(月) 男子グレコローマン71・75・85・98kg級
  22日(火) 男子グレコローマン59・66・80・130kg級
  23日(水) 女子55・58・63・75kg級
  24日(木) 女子48・53・60・69kg級
  25日(金) 男子フリースタイル57・61・86・125kg級
  26日(土) 男子フリースタイル65・70・74・97kg級


(注)エントリーしていない選手であっても、計量当日に申請があれば、出場を認めてきたのがこれまでの慣習です。現在の世界レスリング連盟(UWW)は、すべてにおいて規定に厳しくなっているため、こうしたことがあるかどうかは不明ですが、エントリー以外の選手が出場してくる場合もあります。

男子グレコローマン

 【80kg級】

80kg級でも世界一に輝けるか、ロマン・ブラソフ(ロシア)

 74・75kg級でオリンピックを連覇したロマン・ブラソフ(ロシア)が、この階級でも世界一に輝けるか。

 欧州選手権優勝のズラビ・ダツナシビリ(ジョージア)、昨年の世界選手権2位で今年の欧州選手権3位のアスラン・アテム(トルコ)、ピトラシンスキ国際大会優勝のアレックス・ケシディス(スウェーデン)らが、どう闘うか。

 リオデジャネイロの決勝でブラソフと闘い、同じく階級を上げたマーク・マドセン(デンマーク)が、再びブラソフの前に立ちはだかるか。

エントリー選手

※シードは7月発表、上位がいない場合は繰り上げ。[]はUWWの8月のランキング 

《第1シード》Aslan ATEM(トルコ)=2017年欧州選手権3位
《第2シード》Edgar BABAYAN(ポーランド)=2017年欧州選手権5位
[1]Roman VLASOV(ロシア)=2016年リオデジャネイロ・オリンピック75kg級優勝
[3]Zurabi DATUNASHVILI(ジョージア)=2017年欧州選手権優勝
[6]Alex KESSIDIS(スウェーデン)=2017年ピトラシンスキ国際大会優勝
[9]Daniel ALEKSANDROV(ブルガリア)=2017年ニコラ・ペトロフ国際大会優勝
[10]Mark MADSEN(デンマーク)=2016年リオデジャネイロ・オリンピック75kg級2位
[15]Laszlo SZABO(ハンガリー)=2016年世界選手権3位
[18]Viktar SASUNOUSKI(ベラルーシ)=2017年ハンガリーGP3位
[19]Danyal GAJIYEV(カザフスタン)=2017年アジア選手権5位
   Bachir SID AZARA(アルジェリア)
   Maksim MANUKYAN(アルメニア)=2016年リオデジャネイロ・オリンピック85kg級出場
   Michael WAGNER(オーストリア)
   Elvin MURSALIYEV(アゼルバイジャン)=2016年リオデジャネイロ・オリンピック75kg級7位
   Guohao ZHAO(中国)
   Bozo STARCEVIC(クロアチア)
   Petr NOVAK(チェコ)
   Mahmoud Fawzy SEBIE(エジプト)
   Anis GHARBI(フランス)
   Pascal EISELE(ドイツ)
   Singh HARPREET(インド)
   Yousef GHADERIAN(イラン)
   前田祐也(日本)
   Samat SHIRDAKOV(キルギス)
   Junehyoung KIM (韓国)
   Khalid SAHLI(モロッコ)
   Zarko DICKOV(セルビア)
   Dmytro PYSHKOV(ウクライナ)
   Cheney Isaac HAIGHT(米国)=2017年パンアメリカン選手権優勝


 【85kg級】

 リオデジャネイロ・オリンピックは5位だったが、ハンガリーGP、今年の欧州選手権、ピトラシンスキ国際大会(ポーランド)と優勝を重ねたビクトル・ロエリンツ(ハンガリー)と、リオデジャネイロ王者のダビット・チャクベターゼ(ロシア)の争いか。

 リオデジャネイロ5位で今年の欧州選手権3位のニコライ・バイラコフ(ブルガリア)、欧州選手権2位のメテハン・バザール(トルコ)、リオデジャネイロ代表で今年のパンアメリカン選手権を制したベンジャミン・プロバイソール(米国)らがどう闘うか。

 リオデジャネイロ代表で今年のU-23欧州選手権を制したザカリアス・ベリー(スウェーデン)の成長ぶりはどうか。

エントリー選手

※シードは7月発表、上位がいない場合は繰り上げ。[]はUWWの8月のランキング 

《第1シード》Viktor LOERINCZ (ハンガリー)=2017年欧州選手権優勝
《第2シード》Nikolay Nikolaev BAYRAKOV(ブルガリア)=2017年欧州選手権3位
《第3シード》Davit CHAKVETADZE(ロシア)=2016年リオデジャネイロ・オリンピック優勝
[3]Islam ABBASOV(アゼルバイジャン)=2016年ゴールデンGP優勝
[5]Metehan BASAR(トルコ)=2017年欧州選手権2位
[6]Roberti KOBLIASHVILI(ジョージア)=2017年ハンガリーGP3位
[7]Denis KUDLA(ドイツ)=2016年リオデジャネイロ・オリンピック3位
[8]Kristoffer Zakarias BERG(スウェーデン)=2017年U-23欧州選手権優勝
[9]Javid HAMZATAU(ベラルーシ)=2017年ハンガリーGP2位
[17]Tadeusz MICHALIK(ポーランド)=2016年ゴールデンGP2位
   Adem BOUDJEMLINE(アルジェリア)
   Artur SHAHINYAN(アルメニア)
   Amer HRUSTANOVIC(オーストリア)
   Shuai HOU(中国)
   Carlos Andres MUNOZ JARAMILLO(コロンビア)
   Ivan HUKLEK(クロアチア)
   Daniel GREGORICH HECHAVARRIA(キューバ)=2017年パンアメリカン選手権2位
   Mohamed Moustafa Ahmed Abdall METWALLY(エジプト)
   Eerik APS(エストニア)
   Valid Mukhtarovitch DESCHIYEV(フランス)
   Hossein Ahmad NOURI(イラン)
   Fabio PARISI(イタリア)
   松本篤史(日本)
   Azamat KUSTUBAYEV(カザフスタン)=2017年ピトラシンスキ国際大会3位
   Azat BEISHEBEKOV(キルギス)
   Jewoo PARK(韓国)
   Julius MATUZEVICIUS(リトアニア)
   Alfonso Antonio LEYVA YEPEZ(メキシコ)
   Ricardo Diego CARDENAS ESQUEN(ペルー)
   Dorin Constantin PIRVAN(ルーマニア)
   Edward Alvin BANGURA(シエアレオネ)
   Nikolaj Georgiev DOBREV(セルビア)
   Ming Hung KAO(台湾)
   Oleksandr SHYSHMAN(ウクライナ)=2016年世界軍隊選手権3位
   Benjamin Errol PROVISOR(米国)=2017年パンアメリカン選手権優勝


 【98kg級】

 2014・15年の世界王者でリオデジャネイロ・オリンピックも制したアルトゥール・アレクサニャン(アルメニア)が4年連続の世界一に輝くか。負傷もあって今年の欧州選手権は3位。再起を目指す。

 欧州選手権優勝のフェリックス・バルダウフ(ノルウェー)、同2位のフラボビク・アリアクサンダー(ベラルーシ)、同3位のバラズ・キス(ハンガリー)、U-23欧州王者のオルカン・ヌリエフ(アゼルバイジャン)あたりが台頭するか。

エントリー選手

※シードは7月発表、上位がいない場合は繰り上げ。[]はUWWの8月のランキング 

《第1シード》Artur ALEKSANYAN(アルメニア)=2016年リオデジャネイロ・オリンピック優勝
《第3シード》Balazs KISS(ハンガリー)=2017年欧州選手権3位
[2]Felix BALDAUF(ノルウェー)=2017年欧州選手権優勝
[3]Aliaksandr HRABOVIK(ベラルーシ)=2017年欧州選手権2位
[7]Musa EVLOEV(ロシア)=2017年ポッドブニー国際大会2位
[8]Orkhan NURIYEV(アゼルバイジャン)=2017年U-23欧州選手権優勝
[9]Dimitriy TIMCHENKO(ウクライナ)=2017年欧州選手権5位
[12]Daniel GASTL(オーストリア)=2016年世界大学選手権2位
[13]Fatih BASKOY(トルコ)=2017年欧州選手権3位
[14]Mélonin NOUMONVI(フランス)=2017年スペインGP優勝
[15]Matti Elias KUOSMANEN(フィンランド)=2017年U-23欧州選手権2位
[16]G’Angelo HANCOCK(米国)=2017年パンアメリカン選手権3位
[17]Seyedmostafa Seyedghanbar SALEHIZADEH(イラン)=2017年アジア選手権優勝
[18]Revazi NADAREISHVILI(ジョージア)=2017年トビリシ国際大会優勝
   Davi Jose ALBINO(ブラジル)
   Plamen Mihaylov TASHEV(ブルガリア)
   Thomas Rahontsiiosta BARREIRO(カナダ)
   Linglong ZHANG(中国)
   Reiniel Pablo DIAZ RAMOS(キューバ)
   Artur OMAROV(チェコ)
   Ardo ARUSAAR(エストニア)
   Oliver Adrian HASSLER(ドイツ)
   Laokratis KESIDIS(ギリシャ)
   Kevin MEJIA CASTILLO(ホンジュラス)
   Hardeep HARDEEP(インド)
   奈良勇太(日本)
   Yerulan ISKAKOV(カザフスタン)=2017年アジア選手権3位
   Uzur DZHUZUPBEKOV(キルギス)=2017年ニコラ・ペトロフ国際大会2位
   Hakbon GU(韓国)
   Vilius LAURINAITIS(リトアニア)
   Choucri ATAFI(モロッコ)
   Radoslaw Pawel GRZYBICKI(ポーランド)
   Mikheil KAJAIA(セルビア)
   Rustam ASSAKALOV(ウズベキスタン)=2017年アジア選手権3位


 【130kg級】

 オリンピック3連覇のミハイン・ロペス(キューバ)は不出場。しかし、リオデジャネイロ2位のリザ・カヤルプ(トルコ)、3位のサバ・シャリアティ(アゼルバイジャン)セルゲイ・セメノフ(ロシア)が出場。オリンピックと変わらぬ激戦が展開されそう。

 キューバはパンアメリカン選手権優勝のピノ・ヒンズ・オスカーが出場。ロペスの後を継げるか。

エントリー選手

※シードは7月発表、上位がいない場合は繰り上げ。[]はUWWの8月のランキング 

《第1シード》Riza KAYAALP(トルコ)=2017年欧州選手権優勝
《第4シード》Sabah SHARIATI(アゼルバイジャン)=2016年リオデジャネイロ・オリンピック3位
[3]Sergey SEMENOV(ロシア)=2016年リオデジャネイロ・オリンピック3位
[4]Levan ARABULI(ジョージア)=2017年ピトラシンスキ国際大会優勝
[5]Balint LAM(ハンガリー)=2017年欧州選手権2位
[6]Alin ALEXUC CIURARIU(ルーマニア)=2017年欧州選手権5位
[10]Muminjon ABDULLAEV(ウズベキスタン)=2017年アジア選手権3位
[11]Oscar PINO HINDS(キューバ)=2017年パンアメリカン選手権優勝
[13]Heiki NABI(エストニア)=2016年リオデジャネイロ・オリンピック5位
[15]Mantas KNYSTAUTAS(リトアニア)=2017年U-23欧州選手権2位
[17]Yasmani ACOSTA FERNANDEZ(チリ)=2017年パンアメリカン選手権2位
[19]Tuomas Heikki Juhani LAHTI(フィンランド)=2017年ハンガリーGP2位
   Ioseb CHUGOSHVILI(ベラルーシ)
   Miloslav Yuriev METODIEV(ブルガリア)
   Jijie MU(中国)
   Reagan Mbo MABUBA(コートジボアール)
   Abdellatif Mohamed Ahmed MOHAMED(エジプト)
   Eduard POPP(ドイツ)
   Nikolaos LEON(ギリシャ)
   Naveen NAVEEN(インド)
   Behnam Aliakbar MEHDIZADEH ARYATAPEH(イラン)=2017年アジア選手権優勝
   園田新(日本)
   Damir KUZEMBAYEV(カザフスタン)=2017年アジア選手権2位
   Murat RAMONOV(キルギス)=2016年アジア選手権2位
   Minseok KIM(韓国)
   Tamas SOOS (スロバキア)
   Mykola KUCHMII(ウクライナ)
   Robert David SMITH(米国)=2017年パンアメリカン選手権3位


 







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp

フェアプレイで日本を元気に