日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2012.08.18

【全国高校女子選手権・特集】史上初の“母娘での世界選手権出場”を前に快勝…56kg級・川井梨紗子(愛知・至学館)


(文・撮影=保高幸子)

 6月に行われた明治杯全日本選抜選手権で、実力者がきっこうする51kg級で初優勝をとげた川井梨紗子(愛知・至学館)。大会前の予想では優勝候補には挙げられていなかったが、ふたを開けてみれば高校生唯一の優勝を果たし、一躍注目を浴びた。

 今回の全国高校女子選手権でも順当に勝ち、8階級で5人の優勝者を出した至学館の“団体戦”優勝に貢献した。(右写真)

 両親とも元レスリング選手。父・孝人さんは学生二冠王者で、母・初江さんは世界選手権出場経験ありというサラブレッドの川井は、全日本選抜選手権の優勝によって「親子での世界選手権出場」に王手をかけた状態。高校生のみの今大会では、栄和人監督(日本協会女子強化委員長)に「勝つのはあたりまえ。内容を見て、世界選手権に出せるかどうかを判断する」と言われていたそうで、「緊張しました」と言う。

 尊敬している吉田沙保里(ALSOK)のようにタックルが得意だが、今大会は成長を見せたかった。練習を重ねてきた「組み手を使うなど、タックルに頼らないレスリング」の成果も出せたと言う。4試合のうち3試合がフォール勝ちで、残る1試合は2ピリオドともテクニカルフォールによる勝利。4試合の総得失点は43-0という内容に満足げな表情だ。

決勝も44秒でフォール勝ち

 小学校2年生から始めたレスリングだが、全国大会で優勝できたのは中学3年生の時が最初と遅い。栄監督の目に留まり、至学館へと進むことになった。「その時から世界選手権で優勝したいと思っていました」と川井。昨年は世界カデット選手権52kg級で優勝しており、こんどはシニアで結果を出したい。

 今月行われたロンドン五輪では吉田沙保里(ALSOK)ら先輩選手の闘いを見て「感動しました」と興奮気味に話す。いい刺激を受け、意欲もますます向上している。「世界選手権に出たい。出たら必ず優勝します」と息巻く。

 日本レスリング界に数々の功績を残してきた至学館から、新たなスターとなることができるか。日本レスリング界初めての「母と娘」の世界選手権まで一歩近づいた。

 







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に