日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2015.08.31

【2015年世界選手権日本代表選手・略歴】男子グレコローマン85kg級・岡太一(自衛隊)


男子グレコローマン85kg級・岡太一(おか・たいち=自衛隊)


【生年月日(年齢)・出身地】1988年4月5日生まれ(27歳)、鳥取県出身。

【出身クラブ・出身校】鳥取・鳥取中央育英高~拓大卒。

【所属】自衛隊

【身長】182cm

【成績】空手と柔道を経て、高校時代からレスリングへ。3年生の時(2006年)のインターハイと国体のベスト8が最高で、全国大会無冠。拓大進学当初も目立った選手ではなかったが、2年生(2008年)の東日本秋季学生新人選手権(グレコローマン84kg級)で優勝。全日本選手権でも3位に入賞した。

 翌2009年も全日本選抜選手権で3位となり、全日本学生選手権で優勝。最終学年(2010年)になると大きく飛躍し、全日本学生選手権の両スタイル、全日本大学グレコローマン選手権、全日本大学選手権(120kg級)で勝ち、史上9人目の大学四冠王者へ。世界学生選手権で5位入賞のあと、全日本選手権で世界&アジア大会代表選手を破って優勝した。

 2011年に世界選手権に初出場。全日本選手権は2位で、翌年春のロンドン・オリンピック予選にも出場したが、出場枠は取れなかった。以後も84・85kg級で全日本トップレベルを維持し、2013年の世界選手権に出場(2回戦敗退)。

 2014年はアジア選手権で5位に入賞し、全日本選抜選手権で優勝。チームの方針で世界選手権ではなくアジア大会へ出場した(10位)。2015年アジア選手権で3位となり、国際大会で初のメダルを獲得。全日本選抜選手権で勝ち、3度目の世界選手権出場を勝ち取った。

2008年全日本選手権、大学2年生で3位に入賞した(右端)

2010年全日本選手権、目標だった斎川哲克を破って優勝


 







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

《オリンピック・レスリングNo.62》

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に