日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2016.01.25

大会史上最多の329選手が参加、五位塚悟さん(山梨・中央高教)がV13…全日本マスターズ選手権


 全日本マスターズ選手権が1月24日、東京・青少年総合センターで329選手が参加して行われた。参加人数が昨年の268名から61名も増え、とうとう300人の大台を突破した。参加者は、男子は35歳以上、女子は30歳以上の選手、および社会人になってからレスリングを始めたフレッシュマン。

 昨年まで51~55歳の部で活躍していた五位塚悟さん(山梨・山梨県立中央高教)が、今年から56~60歳の部の69kg級に出場。強さを見せつけて7年連続13度目の優勝を遂げた。

 女子では世界選手権銀メダルの実績がある清水真理子さん(群馬・富岡実業高)が初出場。元トップレスラーの実力を発揮し、圧勝で初優勝を飾った。

 マスターズ連盟は、同大会の国際化を目指して今大会から外国人選手の出場を認めて門戸を広げた。今大会は在日の米国人が5名参戦。家族関係者なども応援にかけつけて、盛り上がりを見せた。来年からは、よりレスリング初心者が気軽に参加できるように、女子にも初心者の部を作る計画という。

 開会式では古希特別表彰として、佐藤太三郎さん(東京・太田章ク)、還暦特別表彰として渡邊輝男さん(埼玉・新座総合技術高)、10回出場の特別表彰として、加藤秀明さん(静岡・静岡ク)と大塚俊彦さん(埼玉・高萩接骨院)がそれぞれ表彰された。

(文・撮影=増渕由気子)

《各階級成績》


最年長(79歳)出場の杉田秀夫さん(体力づくり教室杉田道場)

元世界2位の清水真理子さん(群馬・富岡実高教)の豪快な一本背負い

選手宣誓する浅川亨助さん(山梨・北杜クラブ)

10回出場の特別表彰を受けた10回出場の特別表彰として、加藤秀明さん(静岡・静岡ク=左)と大塚俊彦さん(埼玉・高萩接骨院)

還暦特別表彰を受けた渡邊輝男さん(埼玉・新座総合技術高)

古希特別表彰を受けた佐藤太三郎さん(東京・太田章ク)


 







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

《オリンピック・レスリングNo.62》

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に