日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2016.02.08

長谷川恒平(青山学院大職)が優勝、太田忍(日体大)が2位…ハンガリー・グランプリ最終日


 男子グレコローマンのハンガリー・グランプリ最終日は2月7日、ハンガリー・ソンバトヘイで4階級が行われ、59kg級は日本選手同士の決勝へ。全日本2位の長谷川恒平(青山学院大職)が全日本王者の太田忍(日体大)を2-2のスコアながら、ラストポイントによって勝ち、優勝した。2014年アジア大会(韓国)に続く優勝で、2012年ロンドン・オリンピックのあと、出場した3つの国際大会すべてで優勝となった。

 長谷川は初戦の2回戦からポーランドとクロアチアの選手を撃破。準決勝で昨年の世界選手権8位のワン・ルミン(中国)にも勝ち、決勝で日本人対決を制した。昨年優勝の太田は米国2選手を破るなどして決勝へ進んだが、長谷川に敗れた。

 
 98kg級の斎川哲克(栃木・足利工高教)は初戦の2回戦でバーレーン選手に1-2で敗れ、敗者復活戦に回れなかった。

 各選手の成績は下記の通り。(撮影=元木康年監督) 


 ◎男子グレコローマン

 【59kg級】長谷川恒平(青山学院大職)    優勝=21選手出場
決  勝 ○[2-2]太田忍(日本)
準決勝 ○[8-2]Wang Lumin(中国)
3回戦  ○[フォール、5:29=5-0]Ivan Lizatov(クロアチア)
2回戦  ○[Tフォール、1:09=10-0]Dawid Szkodziski(ポーランド)
1回戦   BYE

---------------------------------

 【59kg級】太田忍(日体大)    2位=21選手出場
決  勝 ●[2-2]長谷川恒平(日本)
準決勝 ○[フォール、1:25=2-2]Ildar Hafizov(米国)
3回戦  ○[Tフォール、3:55=8-0]Dawid Ersetic(ポーランド)
2回戦  ○[11-7]Ryan Mango(米国)
1回戦   BYE

---------------------------------

 【98kg級】斎川哲克(栃木・足利工高教)    15位=20選手出場
2回戦 ●[1-2]Mohamed Abdelfatah(バーレーン)
1回戦  BYE


 







COVID-19ガイドライン

【報道】取材申請について
-------------

サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


フェアプレイで日本を元気に