日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2016.08.31

女子63kg級のインナ・トラズコワ(ロシア)が同国のミハイル・マミアシビリ会長を提訴へ…試合後に顔を2度殴打


 フランスの通信社AFPやロシアのメディアなどが報じたところによると、リオデジャネイロ・オリンピックの女子63kg級に出場したインナ・トラズコワ(ロシア)が、3位決定戦で敗れてメダルを逃したあと、同国協会のミハイル・マミアシビリ会長に暴行され、法的措置をとることを明らかにした。

 トラズコワは試合で負けた後、同国代表選手や他国の代表選手団がいた目の前で酒に酔っていた同会長にわいせつな言葉を浴びせられたうえ、顔を2度殴打されたと主張している。同選手は準決勝で川井梨紗子選手(至学館大)と闘い、テクニカルフォールで敗れている。

 世界レスリング連盟(UWW)の副会長でもあるマミアシビリ会長は、「試合に負けたあと、声を荒らげて言い合うことはよくあること」とし、暴言については謝罪したが、「殴っていない」と主張。トラズコワはこの説明に納得せず、「今後、彼によって女子選手が傷つけられてはならない」として法的措置に乗り出すことを決めたという。

 同会長は、75kg級の準決勝でグゼル・マニュロワ(カザフスタン)に敗れたエカテリナ・ブキナにも暴行を加えていたという日本関係者の証言もある。


 







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に