日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2018.03.06

18歳の地元選手が優勝…2018年アジア選手権・男子グレコローマン


18歳でアジア王者に輝いたアクゾル・マクムドフ(キルギス=左から2人目)

 アジア選手権の男子グレコローマンは2月27~28日、キルギス・ビシュケクで行なわれ、日本が軽量2階級、イランが重量3階級を制した。イランの3選手はいずれも昨年に続く優勝。

 他にカザフスタンが2階級を制覇し、ウズベキスタン、キルギス、中国が1階級ずつ優勝。72kg級を制した地元キルギスのアクゾル・マクムドフは2016年世界カデット選手権69kg級優勝、昨年の世界ジュニア選手権74kg級2位で18歳の新鋭。

 63kg級優勝のエルムラト・タスムラドフ(ウズベキスタン)は2014・15年大会59kg級に続く優勝。

 各階級のメダル獲得選手は下記の通り。


男子グレコローマン

 【55kg級】
[1]田野倉翔太(日本)
[2]Sharshenbekov, Zholaman(キルギス)
[3]Zhakansha, Horlan(カザフスタン)
[3]Kumar, Rajender(インド)

 【60kg級】
[1]太田忍(日本)
[2]Ri, Se-Ung(北朝鮮)
[3]Zholchubekov, Kanybek(キルギス)
[3]Bakhramov, Islomjon(ウズベキスタン)

 【63kg級】
[1]Tasmuradov, Elmurat(ウズベキスタン)
[2]Amatov, Urmatbek(キルギス)
[3]Ainagulov, Meirambek(カザフスタン)
[3]Jung, Do-Kyung(韓国)

 【67kg級】
[1]Kebispayev, Almat(カザフスタン)
[2]下山田培(日本)
[3]Rakhmatov, Mirzobek(ウズベキスタン)
[3]Zhang, Gaoquan(中国)

 【72kg級】
[1]Makhmudov, Akzhol(キルギス)
[2]Zhadrayev, Demeu(カザフスタン)
[3]Vardanyan, Aram(ウズベキスタン)
[3]井上智裕(日本)

 【77kg級】
[1]Yang, Bin(中国)
[2]Geraei, Mohammadali Abdolhamid(イラン)
[3]Permanov, Shermet(トルクメニスタン)
[3]Yerezhepov, Maksat(カザフスタン)

 【82kg級】
[1]Dilmukhamedov, Ashkat(カザフスタン)
[2]Azisbekov, Atabek(キルギス)
[3]Kim, Jin-Hyeok(韓国)
[3]Singh, Harpreet(インド)

 【87kg級】
[1]Nouri, Hossein(イラン)
[2]角雅人(日本)
[3]Peng, Fei(中国)
[3]Beishebekov, Azat(キルギス)

 【97kg級】
[1]Salehizadeh, Seyedmostafa(イラン)
[2]Assakalov, Rustam(ウズベキスタン)
[3]Iskakov, Yerulan(カザフスタン)
[3]Dzhuzupbekov, Uzur(キルギス)

 【130kg級】
[1]Mehdizadeh, Behnam(イラン)
[2]Abdullaev, Muminjon(ウズベキスタン)
[3]Ramonov, Murat(キルギス)
[3]Nie, Xiaoming(中国)

《国別対抗得点》
[1]キルギス 157点
[2]カザフスタン 156点
[3]ウズベキスタン 148点
[4]日本 141点
[5]イラン 129点
[6]中国 116点







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に