日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2018.08.09

【2018年アジア大会・展望(1)】世界王者・高橋侑希を北朝鮮、モンゴルなどが追う…男子フリースタイル57kg級


  4年に1度の“アジアのオリンピック”、アジア競技大会は8月18日にインドネシア・ジャカルタで開幕。レスリング競技は19~22日に、各スタイル6階級(オリンピック実施階級)が行われる。10月の世界選手権(ハンガリー)、そして2020年東京オリンピックへつながっていく重要な大会。各階級の見どころを探った。

 《大会日程》
8月19日(日) 男子フリースタイル57・65・74・86・97kg級
  20日(月) 男子フリースタイル125kg級/女子50・53・57・62kg級
  21日(火) 女子68・76kg級/男子グレコローマン60・67・77kg級
  22日(水) 男子グレコローマン87・97・130kg級


《日本代表》高橋侑希(たかはし・ゆうき=ALSOK)
 1993年11月29日生まれ、24歳。三重県出身。三重・いなべ総合学園高~山梨学院大卒。159cm。2014年に世界選手権へ初出場して5位入賞。2015年世界選手権は9位。リオデジャネイロ・オリンピック出場は逃したが、2017年世界選手権で日本男子フリースタイルとしては36年ぶりに優勝。
《詳細》  《JWFデータベース》  《国際大会成績》

男子フリースタイル57kg級・出場が予想される主な選手

※8月8日時点でエントリーは不明です、下記はすべて本ホームページの予想です。

今年3月のアジア選手権に優勝した初顔のカン・クンソン(北朝鮮)。アジア大会に出てくるか?

 昨年の世界チャンピオンで4月のワールドカップ(米国)でも全勝をマークした高橋侑希(ALSOK)が優勝候補の本命。今年3月のアジア選手権を制したのは北朝鮮の若手選手のカン・クンソンだが、同国からは昨年の世界選手権に出てきたベテランのヨン・ハクジン、今年の世界軍隊選手権で優勝したパク・ウンクワンもいて、だれが出てくるか予想できない。だれが出てきても、高橋に対抗できうる選手だろう。

 今年のアジア選手権2位のマクムジョン・シャブカトフ(ウズベキスタン)は昨年のアジア・インドア&マーシャルアーツ大会を制しており、優勝を狙える実力者であることは間違いない。2016年リオデジャネイロ・オリンピック代表(14位)のベクバヤル・エルデネバト(モンゴル)は昨年の世界選手権3位で、今年もタクティ・カップ(イラン)やモンゴル・オープンで優勝と力をつけている。昨年の世界選手権で高橋が最も苦戦した相手で(4-4のビッグポイント差の勝利)、優勝戦線にからむ可能性は十分。

昨年の世界選手権で高橋侑希を追い詰めたベクバヤル・エルデネバト(モンゴル)

 2016年アジア選手権優勝のサンディープ・トマール(インド)は、リオデジャネイロ・オリンピックに出場し(17位)、昨年の世界選手権は7位。以後、61kg級で闘っていたが、インド・メディアの情報によると今回は57kg級に出場する。減量の状況が不明だが、要注意の選手。

 イランは昨年の世界選手権代表(13位)のレザ・アトリナガルチが出てくる。2017年アジア選手権3位だが、以前のハッサン・ラヒミ(2014年世界王者)ほどの強さはなさそう。

 カザフスタンはワールドカップ代表のムハメド・クアトベクか、今年のアジア選手権3位のザンドス・イスマイロフが予想される。昨年の世界選手権9位のキム・サンクォン(韓国)とともに、上位に食い込むか。


出場が予想される主な選手

Kang, Kum Song

Kang, Kum Song(北朝鮮)
 生年月日不明。2018年アジア選手権に初出場し優勝した。

Pak, Un Gwang(北朝鮮)
 生年月日不明。2018年世界軍隊選手権優勝

Jong, Hak Jin(北朝鮮)
 1986年12月22日生まれ、31歳。2014年アジア大会優勝のあと、2015年世界選手権5位でリオデジャネイロ・オリンピックの出場資格を獲得。しかし国内のライバルに出場を奪われた。2017年は世界選手権に出場して5位。

Kang, Kum Song

Erdenebat, Bekhbayar(モンゴル)
 1992年8月13日生まれ、26歳。2015年世界選手権3位、2016年リオデジャネイロ・オリンピック出場(14位)、2017年世界選手権3位。今年もタクティカップ(イラン)やモンゴル・オープンで優勝。

Shavkatov, Makhmudjon

Shavkatov, Makhmudjon(ウズベキスタン)
 1994年1月26日生まれ、24歳。2014年世界ジュニア選手権2位などがあるが、2016年リオデジャネイロ・オリンピックには出場できず。2017年アジア・インドア&マーシャルアール大会優勝、2018年アジア選手権2位と力をつけている。

Tomar, Sandeep

Tomar, Sandeep(インド)
 1991年4月2日生まれ、27歳。2016年アジア選手権優勝を経て、リオデジャネイロ・オリンピック出場(15位)。2017年世界選手権は7位で、以後、61kg級で闘い、昨年のアジア・インドア&マーシャルアーツ大会は3位、今年7月のヤシャ・ドク国際大会(トルコ)では2位へ。

Atrinagharchi, Reza(イラン)
 1994年8月8日生まれ、24歳。2017年にアジア選手権3位のあと、世界選手権に出場して13位。U-23世界選手権にも出たが14位に終わっている。

Kuatbek, Mukhamed(カザフスタン)
 1997年1月2日生まれ、21歳。2017年アジア・ジュニア選手権55kg級2位。2018年ワールドカップ代表。 

Ismailov, Zhandos(カザフスタン)
 生年月日不明。2017年にイスラム諸国連合大会2位、U-23世界選手権5位と成績を残し、2018年のアジア選手権は3位。

Kim, Sung-Gwon(韓国)
 1990年3月6日生まれ、28歳。2015年世界選手権代表(26位)だが、リオデジャネイロ・オリンピックは逃す。2017年に世界選手権に出場して9位。2018年は世界軍隊選手権3位。


最近の国際大会成績

 【2018年3月:アジア選手権(キルギス)】
[1]Kang, Kum Song(北朝鮮)
[2]Shavkatov, Makhmudjon(ウズベキスタン)
[3]長谷川敏裕(日本)
[3]Ismailov, Zhandos(カザフスタン)
[5]Song, Hyeonsik(韓国)
[5]Hajiag Haniasamakoush, Nader Ahmad(イラン)

 【2017年9月:アジア・インドア&マーシャルアーツ大会(トルクメニスタン)】
[1]Shavkatov, Makhmudjon(ウズベキスタン)
[2]Tolepbay, Gabit(カザフスタン)
[3]小栁和也(日本)
[3]Hajaghania, Nader(イラン)
[5]Zou, Wanhao(中国)
[5]Ataev, Meretmuhammet(トルクメニスタン)

 【2017年8月:世界選手権(フランス)/10位以内のアジア選手】
[1]高橋侑希(日本)
[3]Erdenebat, Bekhbayar(モンゴル)
[5]Jong, Hak Jin(北朝鮮)
[7]Tomar, Sandeep(インド)
[8]Safarov, Nodiryon(ウズベキスタン)
[9]Kim, Sung-Gwon(韓国)

 【2017年5月:アジア選手権(インド)】
[1]高橋侑希(日本)
[2]Zandanbud, Zanabazar(モンゴル)
[3]Atrinagharchi, Reza(イラン)
[3]Sanayev, Nurislam(カザフスタン)
[5]Kim, Sunggwon(韓国)
[5]Zholdoshbekov, Ulukbek(キルギス)







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に