日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2019.05.28

2021年にカザフスタンで世界コンバットゲームズを再開


 カザフスタンの「アスタナ・タイムズ」によると、2021年の世界コンバットゲームズの開催地に、今年9月にレスリングの世界選手権が行われる首都ヌルスルタン(旧アスタナ)が選ばれたという。期間は5月3~9日。オリンピック競技と非オリンピック競技を合わせて15の格闘競技が行われる。

 世界コンバットゲームズは、スポーツアコード(GAISF=オリンピック競技以外のスポーツを含めて93団体が加盟するスポーツ組織)が主催する格闘技の総合大会。2010年に中国・北京で第1回大会が開催され、2013年には第2回大会がロシア・サンクトペテルブルグで行われた。日本は2010年大会の女子に参加し、鈴木博恵(現姓皆川)らが2位に入賞している。

 しかし、ペルーで予定されていた2017年大会、台湾で代替開催が予定された2018年大会は中止となった。混乱の背景には、2015年にGAISFの会長が国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長を批判し、IOC側が反発。世界レスリング連盟(UWW)を含めた多くの団体がGAISFからの脱退を表明するなど、両者間の関係が悪化しGAISF内で混乱が起きたため(関連記事)。その後、GAISF会長は辞任し、両者の関係は持ち直して、GAISFも刷新されたもよう。

 2021年の世界コンバットゲームズは、合気道、ボクシング、フェンシング、柔道、柔術、空手、剣道、キックボクシング、ムエタイ、パンクラチオン、サンボ、サバット、テコンドー、レスリング、中国武術が予定されている。







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に