日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2019.05.31

【6.13~16明治杯全日本選抜選手権・特集(7)】角雅人と鶴田峻大(ともに自衛隊)の同門対決が再現か…男子グレコローマン87kg級


2019年明治杯全日本選抜選手権(6月13~16日、東京・駒沢体育館)

《大会日程》 《2019年世界選手権大会、2020年東京オリンピックにおける選手選考基準》


男子グレコローマン87kg級・展望(6月13~14日実施)

※エントリーに基づいた予想であり、直前の負傷等による戦力ダウンは勘案しておりません。

自衛隊同士の覇権争いか、角雅人(右)と鶴田峻大

 世界選手権代表で全日本チャンピオンの角雅人(自衛隊)が一歩リードの状況だが、全日本選手権2位の鶴田峻大(自衛隊)は階級を上げてこの冬には国際大会の経験も積んだ。緊迫した同門対決となるか。

 全日本選手権3位で昨年の国体は97kg級で優勝した塩川貫太(クリナップ)も優勝争いに加わる力はあるだろう。全日本学生選手権で1年生王者に輝いた奈須川良太(神奈川大)は、4月のJOC杯優勝と勢いを持っている。殊勲はあるか。

 昨年の高校四冠王者(全国高校選抜大会、インターハイ、全国高校生グレコローマン選手権、国体フリースタイル=120・125kg級)の宮本海渡(日体大)がどこまで上位に食い込めるか。


2018年全日本選手権 クリック

 ▼決勝
角雅人(自衛隊)○[2-1]●鶴田峻大(自衛隊)

 ▼3位決定戦
塩川貫太(クリナップ)○[Tフォール、1:47=9-0]●坂野修平(TSSプロダクション)
岡太一(自衛隊)○[4-0]●奈須川良太(神奈川大)


エントリー選手(8選手)

※2018年世界選手権代表と全日本選手権1~3位選手以外はアイウエオ順

角雅人

鶴田峻大

塩川貫太

奈須川良太

《2018年世界選手権代表/2018年全日本選手権優勝》
角 雅人(すみ・まさと=自衛隊)
1994年3月17日生まれ、25歳。佐賀県出身。佐賀・鳥栖工高卒。180cm。2018年アジア選手権2位

《2018年全日本選手権2位》
鶴田 峻大(つるだ・たかひろ=自衛隊)
1995年12月7日生まれ、23歳。沖縄県出身。沖縄・沖縄尚学高卒。182cm。2018年U23世界選手権82kg級5位

《2018年全日本選手権3位》
塩川 貫太(しおかわ・かんた=クリナップ)
1995年10月14日生まれ、23歳。長野県出身。長野・北佐久農高~日体大卒。179cm。2018年国民体育大会97kg級優勝

坂野 修平(さかの・しゅうへい=TSSプロダクション)
1992年3月16日生まれ、27歳。広島県出身。広島・広島国際学院高~徳山大卒。178cm。2018年全国社会人オープン選手権優勝

田中 颯人(たなか・はやと=関大)
1998年4月9日生まれ、21歳。兵庫県出身。兵庫・伊丹高卒。180cm。2018年西日本学生新人戦優勝

堤 卓哉(つつみ・たくや=中大クラブ)
1996年9月3日生まれ、22歳。山梨県出身。山梨・北杜高~中大卒。179cm。2018年全日本選手権7位

奈須川 良太(なすかわ・りょうた=神奈川大)
1999年10月27日生まれ、19歳。神奈川県出身。神奈川・磯子工高卒。180cm。2018年全日本選手権5位

宮本 海渡(みやもと・かいと=日体大)
2000年4月21日生まれ、19歳。茨城県出身。千葉・日体大柏高卒。172cm。2018年全国高校生グレコローマン選手権125kg級優勝







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に