日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2019.07.28

太田忍(ALSOK)がアジア王者を破って優勝…2019年オレグ・カラワエフ国際大会・第2日(1)


決勝でもがぶり返しがさえた太田忍(ALSOK)

 【ミンスク(ベラルーシ)、取材・撮影=ウィリアム・メイ】世界レスリング連盟(UWW)の男子グレコローマンのランキング大会「オレグ・カラワエフ国際大会」第2日は7月27日、5階級のファイナルが行われ、63kg級で決勝に進んだ太田忍(ALSOK)は、4月のアジア選手権60kg級優勝のイスロムジョン・バクラモフ(ウズベキスタン)を11-1のテクニカルフォールで破り、優勝した。

 前日の準決勝までもがぶり返しがよく決まったが、決勝でもがぶり返しを4度決め、3分17秒で試合を終えた。

 太田は今年2月のランキング大会、ハンガリー・グランプリ同級でも優勝しており、ランキング大会2つを制覇。2016年リオデジャネイロ・オリンピックのあと、昨年の世界選手権は9位に終わったが、出場した10の国際大会で、アジア大会を含めて9大会でメダルを手にしている。

 太田の成績は下記の通り。

お知らせ
写真集は、トップページの「動画/写真集」タブからご覧ください。

男子グレコローマン

 【63kg級】太田忍(ALSOK)   優勝=16選手出場
決 勝 ○[Tフォール、3:17=11-1]Bakhramov, Islomjon(ウズベキスタン)

(以下は前日に実施)
準決勝 ○[9-8]Ainagulov, Meirambek(カザフスタン)
2回戦 ○[Tフォール、3:47=9-0]Drozd, Igor (ベラルーシ)
1回戦 ○[Tフォール、0:46=10-0]Ivanov, Roman Aleksandrovich(ロシア)







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に