日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2019.08.12

カイル・スナイダーら米国が4階級で優勝…2019年パンアメリカン大会・男子フリースタイル


パンアメリカン大会を制し、世界一奪取へ向かうカイル・スナイダー(米国)=写真は2017年世界選手権

 ペルー・リマで開催中の2019年パンアメリカン大会・レスリング競技の男子フリースタイルが9~10日に行われ、米国が74kg級のジョーダン・バローズ、97kg級のカイル・スナイダーのオリンピック王者を含めて6階級中4階級を制した。4選手とも9月の世界選手権(カザフスタン・ヌルスリタン)の代表選手。

 バローズは、66kg級で世界3位になったことのあるゲアンドリ・ガルゾン・カバレル(キューバ)にテクニカルフォール勝ちするなどして決勝へ進出。60kg級で世界2位の実績を持つフランクリン・ゴメス・マトス(プエルトリコ)を4-1で下した。バローズは2011年、2015年に続いて3大会連続優勝。昨年の世界選手権で3位になったあと、今年4月のパンアメリカン選手権を含めて国際大会を4大会連続で制した。

 スナイダーも3試合を勝ち抜いて2大会連続優勝。パンアメリカン選手権との2大会を制し、国際大会で4大会連続優勝となった。

 125kg級は昨年世界3位のニコラス・グウィゾウスキーが3試合にテクニカルフォール勝ち。同じ世界3位のオスカー・ピノ・ヒンズ(キューバ)にも10-0。57kg級は2018年世界ジュニア選手権3位のデイトン・フィックスが勝った。

 65kg級は昨年世界3位のアレヤンドロ・バルデス・トビエール、86kg級は昨年世界10位のクエラルタ・ユリエスキ・トーレブランカのキューバ選手が制した。

 各階級のメダル獲得選手は下記の通り。


男子フリースタイル

 【57kg級】
[1]Fix, Daton Duain(米国)
[2]Ramirez Beltre, Juan Rubelin(ドミニカ)
[3]Andreu Ortega, Reineri(キューバ)
[3]Capellan, Darthe(カナダ)

 【65kg級】
[1]Valdes Tobier, Alejandro Enrique(キューバ)
[2]Rudesindo Camacho, Alvaro(ドミニカ)
[3]Eierman, Jaydin Selsor(米国) 
[3]Sanchez Saltos, Mauricio Javier(エクアドル) 

 【74kg級】
[1]Burroughs, Jordan Ernest(米国)
[2]Gomez Matos, Franklin(プエルトリコ)
[3]Garzon Caballero, Geandry(キューバ) 
[3]Balfour, Jevon(カナダ)

 【86kg級】
[1]Torreblanca Queralta, Yurieski(キューバ)
[2]Ceballos Fuentes, Pedro Francisco(ベネズエラ)
[3]Downey, James Patrick(米国) 
[3]Izquierdo Mendez, Carlos Arturo(コロンビア)

 【97kg級】
[1]Snyder, Kyle Frederick(米国)
[2]Diaz Robertti, Jose Daniel(ベネズエラ)
[3]Salas Perez, Reineris(キューバ) 
[3]Perez Sosa, Luis Miguel(ドミニカ) 

 【125kg級】
[1]Gwiazdowski, Nicholas Edward(米国)
[2]Pino Hinds, Oscar(キューバ)
[3]Vivenes Urbanesa, Luis Felipe(ベネズエラ) 
[3]Jarvis, Korey(カナダ)







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

《オリンピック・レスリングNo.62》

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に