日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2019.09.23

井上謙二・男子フリースタイル強化委員長(自衛隊)の総括


 ■井上謙二・男子フリースタイル強化委員長(自衛隊)の総括「2年連続でメダルを取ってきましたが、今大会、取れなかったことは残念です。大敗だと思います。敗因としては、日本の主要選手が徹底的に研究され、こちらの対策より上回っていたこと。また、大事にここまできすぎたのかな、という反省もあります。(選手の)けがを気にしすぎたり、けがをしないような形で練習をさせ、回復させることを優先させてしまったところです。体調を崩した選手もいたので、そういうところも敗因だと思っております。

 収穫は2つ。1つはオリンピックの出場枠を2階級で取れたこと。3階級はいけるかな、と思っていましたが、取れたことは収穫です。もうひとつは、(世界の強豪が集まる)厳しいトーナメントの中で多くのライバルや強豪選手と肌を合わせることができたことです。

 世界王者だった乙黒拓斗選手は、徹底的にカウンタータックルを防がれました。勝負に平等はない、ということも感じました。乙黒にとって3位決定戦は(その日の)3試合目ですが、相手は1試合目。そういう平等じゃない中でも勝負どころがやってくる。強化の材料として入れたいと思ってます。

 これまで以上の強化をし、挑戦の覚悟でやります。10月に2回、全日本合宿があって、U23世界選手権の調整合宿でもありますが、今回出た選手も召集をして、課題や改善点を考えながら意識づけさせたい。あと2回のオリンピック予選があります。残る4階級で出場枠を獲得し、残り10ヶ月で迎える東京オリンピックで金メダルを獲得するために、多くの人のご支援ご協力を力に変えて頑張っていこうと思います」







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に