日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2019.10.30

谷山拓磨(拓大)が2位、瀬野春貴(ゴールドキッズ)は3位…2019年U23世界選手権・第2日(1)=ファイナル動画追加


決勝でアゼルバイジャン選手に惜敗した谷山拓磨(拓大)

 2019年U23世界選手権第2日は10月29日、ハンガリー・ブダペストで男子フリースタイル5階級の敗者復活戦とファイナルが行われ、決勝に進んだ65kg級の谷山拓磨(拓大)は敗れて銀メダルに終わり、敗者復活戦を勝ち上がって3位決定戦に進んだ70kg級の瀬野春貴(ゴールドキッズ)は銅メダルを獲得した。

 谷山は昨年のユース・オリンピック65kg級優勝で今年の世界ジュニア選手権3位のツラン・バイラモフ(アゼルバイジャン)に第1ピリオドを1-0で終わり、さらに1点を加えて2-0として残り40秒。ここで片足タックル。返されて2-2へ。谷山のタックルが有効とのチャレンジは認められず、勝利を逃した。昨年のアジア・ジュニア選手権優勝に続く国際大会のメダル獲得。

3位決定戦でウクライナ選手を破った瀬野春貴(ゴールドキッズ)

 瀬野はカナダ選手との敗者復活戦に勝利。3位決定戦では昨年のU23欧州選手権優勝のアレクセイ・ボルタ(ウクライナ)を1-0で下した。2015年の「U23ペトコ・シラコフ&イワン・イリエフ国際大会」(グレコローマンで出場)銅メダル以来の国際大会のメダル獲得。

 敗者復活戦に回った97kg級の吉田ケイワン(日大)はカザフスタン選手に敗れ、上位進出はならなかった。

 各選手の成績は下記の通り。(写真提供=UWWオフィシャルカメラマン・保高幸子)

昨年のアジア・ジュニア選手権金メダルに続くメダル獲得の谷山拓磨

2015年以来、フリースタイルでは初の国際大会メダル獲得の瀬野春貴


男子フリースタイル

 【65kg級】谷山拓磨(拓大)   2位=24選手出場
決 勝 ●[2-3]Bayramov, Turan(アゼルバイジャン)

(以下、前日に実施)
準決勝 ○[4-3]Akmataliev, Ernazar(キルギス)
3回戦 ○[11-9]Nykyforuk, Ihor (ウクライナ)
2回戦 ○[Tフォール、2:46=10-0]Alvarez Iglesias, Carlos(スペイン)
1回戦 ○[Tフォール、5:47=12-1]Bolkvadze, Edem(ジョージア)

------------------------------

 【70kg級】瀬野春貴(ゴールドキッズ)   3位=22選手出場
3決戦 ○[1-0]Boruta, Aleksey(ウクライナ)
敗復戦 ○[6-4]McNeice, Connor Quinn(カナダ)

(以下、前日に実施)
3回戦 ●[2-6]Skhulukhia, Mirza(ジョージア)
2回戦 ○[6-6]Antal, Daniel(ハンガリー)
1回戦  BYE

------------------------------

 【97kg級】吉田ケイワン(日大)   11位=16選手出場
敗復戦 ●[Tフォール、5:00=4-15]Bakytkhanov, Serik(カザフスタン)

(以下、前日に実施)
1回戦 ●[Tフォール、1:08=0-10]Musaev, Shamil Alievitch(ロシア)








サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に