日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2019.11.05

キルギスから14年ぶりに“世界王者”が誕生…2019年U23世界選手権(男子フリースタイル)


 2019年U23世界選手権の男子フリースタイルは10月28~30日にハンガリー・ブダペストで行われ、イランが3階級、ジョージアが2階級で優勝した。他に、ロシア、アゼルバイジャン、キューバ、米国、キルギスが1階級ずつ優勝。

 57kg級は2017年優勝のアンドレウ・オルテガ・レイネリ(キューバ)が2年ぶりの優勝。昨年の世界選手権(ハンガリー)の3位決定戦で高橋侑希(ALSOK)に敗れた選手。97kg級もモジタベ・ゴレイジ(イラン)が2年ぶりの栄冠を勝ち取った。

 61kg級優勝のウルクベク・ゾルドシベコフ(キルギス)は、同国の男子フリースタイルとして、2005年の世界ジュニア選手権で優勝選手が出て以来、14年ぶりの“世界チャンピオン”となった。

 国別対抗得点はロシアが優勝し、2位はイラン、3位はアゼルバイジャン。日本は6位だった。

 各階級のメダル獲得選手は下記の通り。


男子フリースタイル

 【57kg級】
[1]Reineri ANDREU ORTEGA(キューバ)
[2]Adlan ASKAROV(カザフスタン)
[3]Afgan KHASHALOV(アゼルバイジャン)
[3]Alireza Nosratolah SARLAK(イラン)

 【61kg級】
[1]Ulukbek ZHOLDOSHBEKOV(キルギス)
[2]Ravinder RAVINDER(インド)
[3]Dinislam TAKHTAROV(ロシア)
[3]早山竜太郎(日本)

 【65kg級】
[1]Turan BAYRAMOV(アゼルバイジャン)
[2]谷山拓磨(日本)
[3]Maxim SACULTAN(モルドバ)
[3]Ihor NYKYFORUK(ウクライナ)

 【70kg級】
[1]Mirza SKHULUKHIA(ジョージア)
[2]Cherman VALIEV(ロシア)
[3]瀬野春貴(日本)
[3]Daud IBRAGIMOV(アゼルバイジャン)

 【74kg級】
[1]Razambek ZHAMALOV(ロシア)
[2]Mohammed NOKHODILARIMI(イラン)
[3]Byambadorj BAT ERDENE(モンゴル)
[3]Giorgi SULAVA(ジョージア)

 【79kg級】
[1]Tariel GAPHRINDASHVILI(ジョージア)
[2]Abubakr ABAKAROV(アゼルバイジャン)
[3]Ramazan Ishak SARI(トルコ)
[3]Radik VALIEV(ロシア)

 【86kg級】
[1]Kamran GHASEMPOUR(イラン)
[2]Gadzhimurad MAGOMEDSAIDOV(アゼルバイジャン)
[3]石黒隼士(日本)
[3]Osman GOCEN(トルコ)

 【92kg級】
[1]Bo NICKAL(米国)
[2]Batyrbek TSAKULOV(ロシア)
[3]Yonger Pauli BASTIDA POMARES(キューバ)
[3]Hossein Lotfali SHAHBAZIGAZVAR(イラン)

 【97kg級】
[1]Mojtaba GOLEIJ(イラン)
[2]Shamil MUSAEV(ロシア)
[3]Dzianis KHRAMIANKOU(ベラルーシ)
[3]Danylo STASIUK(ウクライナ)

 【125kg級】
[1]Amir Hossein ZARE(イラン)
[2]Vitali GOLOEV(ロシア)
[3]Yusup BATIRMURZAEV(カザフスタン)
[3]Lkhagvagerel MUNKHTUR(モンゴル)

《国別対抗得点》
[1]ロシア 145点、[2]イラン 139点、[3]アゼルバイジャン 111点、[4]ジョージア 109点、[5]モンゴル 70点、[6]日本 65点(銀1・銅3)、[7]カザフスタン 65点(銀1・銅1)、[8]トルコ 60点







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に