日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2019.11.09

日大と早大が3階級で決勝へ、日体大、山梨学院大、国士舘大は2階級…2019年全日本大学選手権・第1日


今季の学生二冠王にあと1勝の吉田ケイワン(日大)

 来年の「燃ゆる感動かごしま国体」のリハーサル大会、2019年内閣総理大臣杯全日本大学選手権は11月9日、鹿児島・日置市吹上浜公園体育館で開幕。8階級の準決勝までが行われ、日大と早大が3階級で決勝進出を決めた。

 日大は86kg級で石黒隼士、97kg級で吉田ケイワン、125kg級で石黒峻士の重量級3選手が勝ち上がり、早大は65kg級の安楽龍馬と86kg級の山﨑弥十朗の学生王者のほか、70kg級でJOC杯優勝の米澤凌が勝ち上がった。

 年間の団体戦をすべて制するグランドスラムを目指す日体大は、57kg級の新井陸人と61kg級の山口海輝の学生王者が順当に勝ち上がったものの、74kg級で世界ジュニア選手権2位の基山仁太郎が2回戦で全日本選抜選手権79kg級2位の川畑孔明(東洋大)に不覚を喫し、2階級の決勝進出となった。川畑が決勝に進み、基山は敗者復活戦に回る。

 山梨学院大は61kg級の榊流斗(山梨学院大)と125kg級のバグダウレット・アルメンタイが決勝に進み、国士舘大も57kg級の阿部敏弥と65kg級の上野千尋の2選手が決勝にコマを進めた。

 各階級の準決勝までの成績は下記の通り。(撮影=矢吹建夫)

2回戦で基山仁太郎(日体大)を破った川畑孔明(東洋大)

準決勝でU23世界2位の谷山拓磨(拓大)を破った安楽龍馬(早大)


《トーナメント表》

57kg 61kg 65kg 70kg 74kg 86kg 97kg 125kg

 【57kg級】=25選手出場

 ▼準決勝
阿部敏弥(国士舘大)○[4-0]●山口叶汰(神奈川大)
新井陸人(日体大)○[7-0]●服部大虎(山梨学院大)

------------------------------

 【61kg級】=29選手出場

 ▼準決勝
榊流斗(山梨学院大)○[Tフォール、5:37=10-0]●早山竜太郎(拓大)
山口海輝(日体大)○[Tフォール、4:54=13-1]●吉村拓海(早大)

------------------------------

 【65kg級】=28選手出場

 ▼準決勝
上野千尋(国士舘大)○[8-0]●土屋佑斗(青山学院大)
安楽龍馬(早大)○[フォール、1:00=4-0]●谷山拓磨(拓大)

------------------------------

 【70kg級】=27選手出場

 ▼準決勝
志賀晃次郎(拓大)○[Tフォール、2:30=12-1]●齋藤一樹(明大)
米澤凌(早大)○[4-1]●中村剛士(専大)

------------------------------

 【74kg級】=26選手出場

 ▼準決勝
尾形颯(中大)○[Tフォール、4:09=16-6]●早川耐我(徳山大)
川畑孔明(東洋大)○[3-3]●前田明都(専大)

------------------------------

 【86kg級】=27選手出場

 ▼準決勝
石黒隼士(日大)○[Tフォール、0:34=10-0]●佐々木雄大(明大)
山﨑弥十朗(早大)○[Tフォール、5:55=10-0]●山田修太郎(山梨学院大)

------------------------------

 【97kg級】=25選手出場

 ▼準決勝
吉田ケイワン(日大)○[Tフォール、2:33=10-0]●錦戸祐也(日体大)
二ノ宮寛斗(明大)○[Tフォール、4:06=11-1]●村田優(中京学院大)

------------------------------

 【125kg級】=21選手出場

 ▼準決勝
バグダウレット・アルメンタイ(山梨学院大)○[3-0]●山﨑祥平(早大)
石黒峻士(日大)○[7-3]●アビッド・ハルーン(日体大)







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に