日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2020.08.02NEW

【2011年思い出の動画(3)】小原日登美、吉田沙保里、伊調馨がオリンピック代表を決める…全日本選手権(女子)


 9月の世界選手権(トルコ)でメダルを取った選手は、優勝すれば翌年のロンドン・オリンピックの代表に内定する規定。女子48kg級の小原日登美(自衛隊)、55kg級の吉田沙保里(ALSOK)、63kg級の伊調馨(ALSOK)が勝ってこの規定をクリアし、いち早く代表の座を勝ち取った。

 女子で残る72kg級は浜口京子(ジャパンビバレッジ)が勝ち、日本レスリング界で歴代単独1位となる15度目の優勝を達成。翌春のアジア予選(カザフスタン)に3度目のオリンピック行きのキップをかけることになった。(2011年12月21~23日、東京・代々木競技場第2体育館)


《女子・決勝》

【48kg級】
小原日登美(赤=自衛隊)○[2-0(2-1,3-0)]●登坂絵莉(愛知・至学館高)


【51kg級】
宮原優(青=JWA/東京・安部学院高)○[2-1(2-1,0-1,3-1)]●菅原ひかり(愛知・至学館高)


【55kg級】
吉田沙保里(赤=ALSOK)○[2-0(B2-2,1-0)]●村田夏南子(JWA/東京・安部学院高)


【59kg級】
齊藤貴子(赤=自衛隊)○[2-0(1-0,1-0)]●島田佳代子(自衛隊)


【63kg級】
伊調馨(赤=ALSOK)○[フォール、1P1:59(F5-0)]●渡利璃穏(至学館大)


【67kg級】
土性沙羅(赤=愛知・至学館高)○[2-1(3-0,0-1=2:08,1-0)]●飯島千晶(日大)


【72kg級】
浜口京子(赤=ジャパンビバレッジ)○[2-0(3-0,1-0)]●新海真美(アイシンAW)







COVID-19ガイドライン

サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に