日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2021.04.10

モハマドレザ・ゲラエイ(イラン)が兄弟出場を決める…東京オリンピック・アジア予選/第1日(男子グレコローマン)

 

67kg級で優勝したモハマドレザ・ゲラエイ(イラン)。77kg級の兄に続いてオリンピック出場を決めた=提供・UWW

 【アルマトイ(カザフスタン)】東京オリンピック・アジア予選は4月9日、カザフスタン・アルマトイで開幕。男子グレコローマンが行われ、キルギスが3階級で出場枠を獲得。イラン、韓国、中国が2階級ずつ、日本、カザフスタン、ウズベキスタンが1階級ずつ取った。

 キルギスは60kg級で昨年のアジア選手権優勝のジョラマン・シャルシェンベコフ、77kg級で2018年アジア大会2位のアクジョル・マクムドフが優勝。97kg級で2019年アジア選手権優勝のウズール・ジュズプベコフが2位に入った。

 イランは67kg級でモハマドレザ・ゲラエイが優勝。すでに77kg級で出場枠を手にしている兄のマハマダリ・ゲラエイとともに兄弟でのオリンピック出場を決めた。97kg級では昨年のアジア選手権優勝のモハマドハジ・アブドラ・サラビが優勝して出場枠を獲得。

 韓国は2013年世界選手権66kg級優勝のリュ・ハンス(柳漢壽)と2018年世界選手権3位のキム・ミンソク(金民石)がともに2位に入り、オリンピック出場枠を手にした。2012年ロンドン・オリンピック66kg級優勝のキム・ヒョンウ(金炫雨)は77kg級で7位に沈み、出場権を手にすることはできなかった。

 各階級の成績は下記の通り(太字が出場枠獲得)。


男子グレコローマン

 【60kg級】
[1]Sharshenbekov, Zholaman(キルギス)
[2]Walihan, Sailike(中国)
[3]Mirzoradzhabov, Firuz(タジキスタン)
[3]Chung, Han-Jae(韓国)

 【67kg級】
[1]Geraei, Mohammadali Abdolhamid(イラン)
[2]Ryu, Han-Soo(韓国)
[3]Ashu(インド)
[3]Vardanyan, Aram(ウズベキスタン)

 【77kg級】
[1]Makhmudov, Akzhol(キルギス)
[2]屋比久翔平(日本)
[3]Singh, Gurpreet(インド)
[3]Zhang, Hujun(中国)

 【87kg級】
[1]Tursynov, Nursultan(カザフスタン)
[2]Peng, Fei(中国)
[3]角雅人(日本)
[3]Kim, Jin-Hyeok(韓国)

 【97kg級】
[1]Saravi, Mohammadhadi Abdollah(イラン)
[2]Dzhuzupbekov, Uzur(キルギス)
[3]Chen, Yanan(中国)
[3]Lee, Se-Yeol(韓国)

 【130kg級】
[1]Abdullaev, Muminjon(ウズベキスタン)
[2]Kim, Min-Seok(韓国)
[3]Meng, Lingzhe(中国)
[4]Naveen, Naveen(インド)







COVID-19ガイドライン

年別ニュース一覧

サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
フェアプレイで日本を元気に