日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2021.04.14

塩谷優(拓大)が優勝、日本男子最年少のアジア王者へ…2021年アジア選手権・第1日(男子グレコローマン)

 

第2ピリオドに大技を爆発させ、金メダルを引き寄せた塩谷優(拓大)=撮影・保高幸子(UWW)

 【アルマトイ(カザフスタン)】2021年アジア選手権は4月13日、カザフスタン・アルマトイで開幕。男子グレコローマン5階級が行われ、55kg級の塩谷優(拓大)が決勝へ進み、2019年王者のイルコム・バクロモフ(ウズベキスタン)にテクニカルフォール勝ち。シニア初の国際大会で優勝した。

 塩谷は、初戦の2回戦で2019年世界ジュニア選手権5位のヌルマカメト・アブデュラエフ(キルギス)を8-2で破り、準決勝はサンディープ(インド)にテクニカルフォール勝ち。決勝はローリングを受けて0-5と先制されたものの、第2ピリオドにリフト技を連発して逆転。胴タックルでも4点を取り、17-7で快勝した。

 「19歳5ヶ月17日」のアジア・チャンピオンは、アジア選手権とアジア大会の日本男子両スタイルを通じて最年少チャンピオン。これまでの最年少は1982年アジア大会で優勝した小林孝至(48kg級)の「19歳6ヶ月13日」。

シニア初の国際大会で快挙を達成した塩谷と祝福するコーチ=同

 男子グレコローマンに限れば、2017年の文田健一郎(59kg級)の「21歳4ヶ月23日」が最年少で、2歳近く更新する日本男子グレコローマン初の10代アジア・チャンピオンとなった。

 他は、63kg級の清水賢亮(拓大)が1勝を挙げただけに終わった。清水は2回戦でオリンピック・アジア予選60kg級3位の韓国選手に3-4で敗れ、敗者復活戦に回れなかった。

 77kg級の櫻庭功大(自衛隊)、87kg級の阪部創(自衛隊)、130kg級の奥村総太(拓大)は、いずれも初戦敗退。組み合わせの関係で奥村が3位決定戦に回ったが敗れた。

 各選手の成績は下記の通り。


男子グレコローマン

 【55kg級】塩谷優(拓大)   優勝=10選手出場
決 勝 ○[Tフォール、5:28=17-7]Bakhromov, Ilkhom(ウズベキスタン)
準決勝 ○[Tフォール、4:15=9-0]Sandeep, Sandeep(インド)
2回戦 ○[8-2]Abdullaev, Nurmakhammet(キルギス)
1回戦  BYE

--------------------------------

 【63kg級】清水賢亮(拓大)   8位=12選手出場
2回戦 ●[3-4]Chung, Hanjae(韓国)
1回戦 ○[Tフォール、4:04=10-2]Achilov, Azatyan(トルクメニスタン)

--------------------------------

 【77kg級】櫻庭功大(自衛隊)   8位=12選手出場
1回戦 ●[2-4]Singh, Gurpreet(インド)

--------------------------------

 【87kg級】阪部創(自衛隊)   8位=10選手出場
2回戦 ●[0-6]Lee, Seunghwan(韓国)
1回戦  BYE

--------------------------------

 【130kg級】奥村総太(拓大)   5位=8選手出場
3決戦 ●[Tフォール、1:50=0-9]Kim, Minjoon(韓国)
1回戦 ●[フォール、1:07=0-8]Syzdykov, Alimkhan(カザフスタン)







COVID-19ガイドライン

年別ニュース一覧

サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
フェアプレイで日本を元気に