日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2021.04.27

【5.6~9世界最終予選・展望(4)】2018年世界王者(トルコ)やロシアが出場枠を未取得…男子グレコローマン87kg級

 

《2018~21年主要国際大会成績》※網掛けが出場枠獲得国

男子フリースタイル 57kg 86kg 97kg 125kg
男子グレコローマン 67kg 87kg 97kg 130kg

【男子グレコローマン87kg級・日本代表】角雅人(自衛隊)

まだ出場枠を取れていない2018年世界王者のメテハン・バサール(トルコ)

 欧州から2018年世界チャンピオンのメテハン・バサール(トルコ)とロシアが出場枠を取れていない。欧州予選では、バサール、ミラド・アリルザエフ(ロシア)ともに2019年82kg級世界チャンピオンのジョージア選手に敗れての獲得失敗。獲得圏内にいることは間違いない。ロシアは2018年世界選手権7位のベカン・オズドエフが出てくる可能性もある。どちらが出てきても出場枠獲得の候補。

 欧州からは、他に2018年世界選手権3位のアルトゥール・シャヒニャン(アルメニア)も大きな可能性を持つ一方、欧州選手権を制したズラビ・ダツナシビリ(セルビア=元ジョージア)が急浮上した形。2012・16年のオリンピック出場の実績を持つ。4月の「ダン・コロフ-二コラ・ペトロフ国際大会」(ブルガリア)でも優勝。勢いに乗っている。

 アジアからはホセイン・ヌリ(イラン)がアジア予選で不覚を喫した。2017~19年の3年間にアジア大会を含めて4度アジア王者に輝いた実力者。アジア予選では2位に入った中国選手に準決勝で4-4の惜敗での獲得失敗だった。力は落としていない。2020年アジア選手権優勝のクマール・スニル(インド)も決勝進出を目指せる実力者。

 2019年にパンアメリカン選手権とパンアメリカン大会を制覇したルイス・アベンダノ(ベネズエラ)が欧州・アジア勢を退けられるか。


東京オリンピック・世界最終予選(5月6~9日、ブルガリア・ソフィア)

5月5日(水)3スタイル抽選
----------------------------
  6日(木)男子フリースタイル全6階級(1回戦~準決勝)
----------------------------
  7日(金)前日実施階級の敗者復活戦/ファイナル
      女子全6階級(1回戦~準決勝)
----------------------------
  8日(土)前日実施階級の敗者復活戦/ファイナル
      男子グレコローマン全6階級
----------------------------
  9日(日)前日実施階級の敗者復活戦/ファイナル







COVID-19ガイドライン

年別ニュース一覧

サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
フェアプレイで日本を元気に