日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2021.05.08

高橋侑希(山梨学院大職)と高谷惣亮(ALSOK)がともに優勝…東京オリンピック世界最終予選・第2日(男子フリースタイル・決勝)

 

アジア大会王者と闘う高橋侑希(山梨学院大職)=UWW・TVより

 東京オリンピック世界最終予選第2日は5月7日、ブルガリア・ソフィアで男子フリースタイルの敗者復活戦とファイナルが行われ、決勝に進んだ57kg級の高橋侑希(山梨学院大職)と86kg級の高谷惣亮(ALSOK)は、ともに相手の負傷によって手が上がり、そろって優勝した。

 高橋は2018年アジア大会優勝・2019年世界選手権7位のベクバヤール・エルデネバト(モンゴル)と対戦し、第1ピリオドを1-0とリード。第2ピリオドを迎えるところで相手が棄権の意思表示をし、高橋の勝ちとなった。2017年世界選手権以来の国際大会優勝。

 高谷は欧州予選3位のボリス・マコエフ(スロバキア=元ロシア)が相手だったが、試合前に負傷棄権を申し出ており、闘わずに優勝となった。国際大会の優勝は2016年の「マケドニア・パール国際大会」以来。2012・16年は、ともにアジア予選2位でのオリンピック出場だったが、今回は予選優勝での出場となる。

 両選手の成績は下記の通り。

第1ピリオド終了で相手が棄権の高橋=同

高谷惣亮(ALSOK)は闘わずに優勝=同


男子フリースタイル(第2日)

 【57kg級】高橋侑希(山梨学院大職)   優勝=23選手出場
決 勝 ○[途中棄権=負傷、3:00=1-0]Erdenebat, Bekhbayar(モンゴル)

---------------------------------------

 【87kg級】高谷惣亮(ALSOK)   優勝=30選手出場
決 勝 ○[不戦勝=負傷棄権]Makoev, Boris(スロバキア=元ロシア)


男子フリースタイル(まとめ)

 【57kg級】高橋侑希(山梨学院大職)   優勝=23選手出場
決 勝 ○[途中棄権、3:00=1-0]Erdenebat, Bekhbayar(モンゴル)
準決勝 ○[2-0]Andreu Ortega, Reineri(キューバ)
3回戦 ○[Tフォール、2:58=11-0]Egorov, Vladimir(北マケドニア)
2回戦 ○[Tフォール、3:26=10-0]Kovacs, Razvan Marian(ルーマニア)
1回戦  BYE

---------------------------------------

 【86kg級】高谷惣亮(ALSOK)   優勝=30選手出場
決 勝 ○[不戦勝=負傷棄権]Makoev, Boris(スロバキア=元ロシア)
準決勝 ○[7-2]Baranowski, Zbigniew Mateusz(ポーランド)
3回戦 ○[Tフォール、2:27=12-0]Vereb, Istvan(ハンガリー)
2回戦 ○[5-4]Friev Naskideava, Taimura(スペイン=元ロシア)
1回戦 ○[Tフォール、3:37=10-0]Iannattoni, Simone(イタリア)

---------------------------------------

 【97kg級】山口剛(新日本プロレス職)   12位=19選手出場
1回戦 ●[2-3]Baran, Radoslaw(ポーランド)

---------------------------------------

 【125kg級】山本泰輝(自衛隊)   10位=20選手出場
2回戦 ●[負傷棄権]Iskandari, Rustam(タジキスタン)
1回戦 ○[10-10]Chintoan, Rares Daniel(ルーマニア)







COVID-19ガイドライン

年別ニュース一覧

サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
フェアプレイで日本を元気に