日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2021.07.21

米国チームが岐阜・中津川で事前合宿をスタート

 

4面マットで3スタイルのオリンピック・チームが大会前の最後の調整に入った

 7月18日に来日し、岐阜・中津川で事前キャンプをスタートした男女の米国チームが7月20日、練習を公開。2人の世界チャンピオンと1人のオリンピック・チャンピオンを擁する女子のテリー・スタイナー監督は、目標とする成績はノーコメントとしながら、「最終予選から何度かの合宿をやって、全員がいい仕上がり」と自信を見せた。

 一方で、国内外でずば抜けた強さを見せている68kg級世界チャンピオンのタミラ・メンサストックに関して、「きちんとしたレスリングをしなければ勝てない。68kg級は強敵が多い。試合は、人生と同じで(勝つ)保証はない」と、気を引き締めているコメントも出た。

 2016年リオデジャネイロ大会で吉田沙保里を破り、今回はエース川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)の強敵と考えられる57kg級のヘレン・マルーリスについては、「準備はしっかりできている」と言う。6月の「ポーランド女子国際オープン」で、オデュナヨ・アデクオロイェ(ナイジェリア)に敗れたが、「ポーランド・オープンを目標にやっているのではない」ときっぱり。負けから学び、それを生かしてオリンピックに臨むことを強調した。

 女子チームにとって中津川は、2年前の夏に合宿をした思い出の地。同年11月に千葉・成田で行われたワールドカップでは、応援団を結成して応援に駆け付けたなど交流が深い。女子のアシスタント・コーチとして参加するクラリッサ・チャン(2008年48kg級世界チャンピオン)は、幼稚園の先生の勉強のため約半年間滞在している。

全6階級で出場する女子チーム

 コロナ禍のため、多くの競技、多くの地で事前合宿のキャンセルが相次いだが、ここは予定通りの実施となった。ただ、滞在は“バブル方式”で、宿舎から買い物などの外出は禁止され、面会もできないなど不便な生活。ここ数日、急激に暑くなった日本だが、通訳として帯同した八田忠朗さんが「感じないです。外に出ていないので」と笑うように、ホテルと練習会場、移動のバスのみの生活。「選手は早くもストレスがたまっていますね」と言う。

 しかし、民芸品の製作などホテル内で楽しめる設備の準備を進めてくれるなど、周辺は歓迎ムードいっぱい。この日の体育館までの移動では、沿道に小学生が並び、米国国旗を振ってくれるなどでチームを迎え、「オリンピックのムードを感じた」(ヘレン・マルーリス)など、気持ちも高まりつつあるようだ。

 米国は女子で全6階級、男子フリースタイルで5階級、男子グレコローマンで4階級が出場する。大会前半の選手は29日、後半の選手は31日まで同地に滞在し、千葉・幕張へ移動する。


▲オリンピック2連覇を目指すヘレン・マルーリス(女子57kg級)

▲男子フリースタイル97kg級の2連覇に挑むカイル・スナイダー

▲世界選手権5度優勝の実績でオリンピックに挑むアデライン・グレイ(女子76kg級。左は通訳の八田忠朗氏)

▲ジョーダン・バローズの時代にピリオドを打ち、オリンピックに出場するカイル・デイク(男子フリースタイル74kg級)

▲持ち前の陽気さでインタビューに応じたタミラ・メンサストック(女子68kg級世界チャンピオン)

▲中津川で幼稚園の先生の勉強をしたことがあるクラリッサ・チャン・女子アシスタント・コーチ)

▲練習の最中に踊り出す男子グレコローマン選手。“バブル生活”の中のストレス発散方法?







COVID-19ガイドライン

年別ニュース一覧

サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
フェアプレイで日本を元気に